【現役受講生レビュー】アガルートの口コミ・評判【予備試験講座】

アガル-トって最近よく聞くけど、実際の口コミや評判って?

という悩みに答えます。

アガルートアカデミー(以下、アガル-ト)は予備試験を始めとした法律系に強いオンライン予備校です。

アガル-トの講座のセール情報やクーポン入手方法について知りたい方はこちらへ。

オンライン講義だけで司法試験なんて難関資格を突破できるの?

と不安な人もいるでしょう。

そこで今回は、2021年最新のアガル-トの口コミや評判について、実際にアガル-ト講座受講している私がまとめていきたいと思います。

この記事に向いている人

  • 予備試験司法試験の予備校に迷っている
  • アガル-トの最新の口コミや評判を知りたい

書いてる人

アガル-トを含む司法試験の定番の予備校を比較しました。法学初心者から予備試験合格を目指し、アガル-トの重要問題習得講座中心に受講中。

\ 8月2日まで30%オフキャンペーン中/

司法試験予備試験の勉強グッズ一部
目次

アガル-トとは?

アガルートは元LECで教鞭をとっていた工藤北斗先生が独立し、2015年に【必要なものを必要なだけ】という思いを込めて開塾されました。

工藤先生は2009年に司法試験に合格し、LECで勤務していたわずか6年間で看板講師となり、さらに独立までしているカリスマでアガル-トの予備試験講座でも看板講師として活躍しています。

アガルートはここ最近は通学ゼミやラウンジ指導など、対面での講義やサポートも力を入れているので完全なオンライン予備校というよりは通学と通信のハイブリット型予備校に近いスタイルになりました。

このCMで以前ちょっとした話題になりました。

 

司法試験・予備試験の他、国家総合職、司法書士、行政書士から更にはFP、国内MBAの講座も幅広く取り扱っています。

アガルートの一番の特徴はテキストを始めるとする教材の質の良さであり、書籍出版にも力をいれています。

オリジナルテキストといえばアガル-トというくらいテキストで有名だよね!

アガルートについて簡単にお分かりいただけところで、メリット・デメリットを見ていきましょう。

アガル-トの評判・口コミは? よい評判

私が思うアガルートのメリット下記3つです。

時間の融通が効く

テキストがわかりやすい

個別指導体制も整っている

順番に見ていきましょう。

アガル-トのよい評判① 時間の融通が効く

アガル-トはオンライン予備校で、いつでも自分の好きな時間に勉強をすることができます。

動画が1講義あたり10分~20分程度の短いチャプター構成で最大3倍まで可能な倍速再生、テキスト同時表示ができるなどユーザーフレンドリーです。

でも、その辺はどこのオンライン予備校でも同じなので差別化になりませんよね。

今回は特にいいなと思った特徴2点について見ていきたいと思います。

オフラインでも視聴可能

まず、講義の音声ダウンロードが可能です。

ダウンロードしておけば、オフラインでも視聴することが出来ます。

オフラインダウンロードしておけば、アプリを使って下鉄や飛行機の中でも勉強ができるので、忙しいビジネスマンにはとても助かる機能ですよね。

また当たり前ですが、ダウンロードしたものについては視聴期限がないので無期限で見ることができるのもポイントです。

視聴期限無制限オプション

USBメモリオプションという視聴期限に制限なしのオプションをつけることが可能です。

例えば、単体講座にオプションで付ける場合は有料にはなりますが、総合講義300であれば+72,000円でつけられます。

ほとんどの予備校は通学式予備校はもちろん1回切りですし、オンライン予備校でも視聴期限も1~2年に決められていますよね。

1~2年あれば十分じゃないの?

と思いがちですが、司法試験合格には2,000時間から9,000時間ほどの勉強時間が必要と言われています。

3回~4回と再受験をするひとも少なくありません

そうなると2年の視聴期限はあっという間に過ぎて、最悪の場合新たに予備校のコースを追加する羽目になります。

長期戦の司法試験で、視聴期限を気にすることなく受講することができるのは大きなメリットです。

補足説明

「予備試験1年合格カリキュラム」などの1年合格プランにはプラン内にすでに音声ダウンロードオプションが含まれていますので、無料で使えます。

1年合格カリキュラム以外の単体講座には有料オプションで付ける事が可能です。

音声ダウンロードは資格スクエアの場合は有料オプションなので、無料でついてくるのは大きいですね!

アガル-トのよい評判② テキストがわかりやすい

アガル-トの最もよいポイントはテキストの良さに集約されます。

  • 講義を担当する講師が作成
  • 内容が濃い
  • 新司法試験がベース
  • テキスト間のクロスリファレンス、索引が使いやすい

どこの予備校もオリジナルテキストであることは同じですが、アガル-トでは講師が責任を持ってテキスト作成しています。

実際に司法試験や予備試験に突破している講師が、合格に本当に必要な知識だけを選んで、信頼できる文献の裏付けを取った上で、テキストに盛り込んでいます。

悩んでる人

講義を聴いていると、このテキスト作った人と講義している先生が絶対違うな・・ってことはよくあるもんね。

そういったことが起こりにくいのがアガルート特徴です。また誰がどこを作成したかわかるようになっており、講師自身が確認した最新の情報に随時アップデートするように徹底されています。

特に、総合講義のテキストがよかったという口コミがたくさんあったよ。(私はまだ使っていないのでわからない)

私は今のところ、論証集が非常に詳しくてよかったです。資格スクエアと比べるとアガルートの方が演習量含めて中身が充実してた。

悪く言うと資格スクエアのほうが中身が薄い、よく言うと初心者でもサラっと読めてしまいます。

一方でアガルートの方が内容がぎっしりなので、全てきちんと理解するのは難しいです。正直何度か、「え?テキスト間違ってない?」と思いましたが、よく調べ直したらアガルートが正しかったです(泣)

中身は充実していますが、テキストが薄くて持ち運び便利なのも特徴です。

でもテキストが他の予備校より薄いって大丈夫?

これはアガル-トが現在の予備試験制度になってから設立された予備校であることもあり、新司法試験をベースにテキストを作っていることが理由に挙げられます。

そのため、その他多くの旧司法試験をベースにしている予備校のテキストよりも無駄のない薄さになっているのです。

講義の中で学んだことをテキストに自分で書き込んで自分自身のオリジナルテキストを作り込んでいくようになっています。

また問題部分だけを集約した問題冊子データをダウンロードすることが出来ます。

印刷して自己問題演習に使ってもいいね。

また、アガルートのテキストはテキスト間のクロスリファレンスと索引がそれぞれついているので、自分の知りたいポイントにすぐたどり着きます。そういう意味でテキストについてはユーザーフレンドリーですね。

長くなりましたがテキストに関しての私の推しポイントをまとめると下記4点でした。

  • 講義を担当する講師が作成
  • 内容が濃い
  • 新司法試験がベース
  • テキスト間のクロスリファレンス、索引が使いやすい

アガル-トのよい評判③ 個別指導体制も整っている

オンライン受講って、直接質問したり、相談できる人がいないんでしょ?

それって不安じゃないの?

ところがアガル-トはオンラインの良さと通学の良さを兼ね備えているため、個別指導も充実しています。

以前は生徒一人ひとりに対する指導はそんなに丁寧ではないという口コミも多かったのですが、カウンセリングやラウンジなどを導入することにより大幅に改善されました。

これはひとえに2017年にマネージメントオプションが導入されたことによります。(いわゆるマネオプ)

カウンセリング対応

月に1回の講師による無料カウンセリングがあります。

スタッフやアルバイトではなく、実際に司法試験に合格した講師が担当してくれるカウンセリングがあるというのはオンライン予備校ではアガル-トだけ!

無料カウンセリングは月1回30分で、もっと相談したいひとはマネージメントオプションを追加すると週1回1時間程度が追加できます。

カウンセリングでは勉強の進め方のアドバイスはもちろん、その他受験生活の不安などなんでも相談することができます。

不安解消につながり、モチベーションも維持することができますね。

個別質問対応

アガル-トにはマネージメントオプションと呼ばれる個別の質問対応サービスがあります。

これは有料のオプションですが、プロ講師が個人個人に合わせて徹底的に進捗管理や答案指導をしてくれるものです。

実際の答案の書き方を教えてくれるのでとても助かりますね。

答案添削については、予備試験1年合格カリキュラムが60通程度,マネージメントオプションが150通程度がセットになります。

Skypeでの対応とラウンジ*での対面での指導はどちらでも対応が可能で、週に1回1時間です。

補足説明
ラウンジ指導はマネージメント指導のうちの対面を選んだ場合のことをラウンジ指導と呼んでいます。ラウンジは、 飯田橋,早稲田,日吉,駒場,国立,大阪の計6か所で展開。

また、個別ではないですが全7科目を一括購入した場合には、Facebookグループで質問をすることもできます。こちらは無料で無制限です。

他の生徒が質問した回答も見ることができるので、自分の気づかない疑問点も勉強になりますね。

ここまで対面の指導をしてくれるオンライン予備校って・・

いや、通学型より丁寧にやってくれると評判だよ。

20年のころから一緒に勉強していきている仲間をみるとマネオプ生でよかった、それで合格したと言っている人も多かったですね。

個人的に私は相談とか質問とかしないタイプの受験生なので、マネージメントオプションはついていない1年合格カリキュラム生ですが今のところマネージメントオプションにすればよかったなと思ったことはないです。

アガル-トの口コミや評判は? 悪い評判

次にアガル-トのデメリットについて見ていきたいと思います。

デメリットについては下記3つのポイントです。

順番に見ていきましょう。

講義が難しい

スマホでは使いにくい

講義の種類・オプションが多すぎる

アガル-トの悪い評判① 講義が難しい

アガル-トの講義については賛否両論あります。

というか私の能力の問題かもしれないですが、個人的に法律初学者には正直難しいです!(笑)

よくあるのが看板講師でアガル-トの社長である工藤先生の授業がわかりにくいという口コミ。

看板講師なのに、わかりにくいの??

個人的には工藤先生の講義の内容がわかりにくいというよりは、話し方が早いのとぼそぼそしているので何いっているかわかりにくいという感想でした。

また、解説が中級者向けなので、初学者で予備試験の勉強を始めたばかりの人にとっては少々レベルが高く感じる可能性はあります。すべてをさらう説明ではないのです。

理路整然としていて無駄がないので分かりやすいというレビューもありました。

資格スクエアとアガルートをどっちも受講している受講生からはアガルートは難しめという声はありますね。私も初学者なのでこの意見には賛成です。

初心者で一番始めに聞いてしまうとやや難しい印象がありますが、法律の授業は基本的になんでも1回で理解するのは難しいものです。これは工藤先生だけの話ではないでしょう。

公式HPで工藤先生のサンプル講義が見れるので気になる方はを見てもらえばわかると思います。これで自分はついていけそうな人は問題なしです。

総合講座300は初心者向けのインプットなので、まずはこっちから試してみるのもあり。

私は重要問題講座だけ使っているけど、確かに資格スクエアより難しいので基礎をしっかり学んでからのスタートが合っていると感じた。

アガルートのメリットを最大限生かすためには、アウトプットや過去問対策まで含めたライトまたはフルのコースをまるごと受講するのがおすすめ。

アガルートは無料受講相談をするとかなり長い時間の講義(私の記憶では約6時間程度)を無料で視聴できるので、それを見てから決めても遅くないですね。

アガルートの悪い評判② スマホでの講義視聴しにくい

アガルートの講座はスマホやタブレット対応もしています。

アガルートは通信講座ということで、PCでもスマホでもWEB講義をいつでもどこでも受講することができるようになっています。

しかし、スマホでの講義動画は見にくいです。

またスマホでできることは動画視聴のみです。

WEB版テキストを読んだり、アプリで問題を解いたりなどはできません。

スタディングのスマホでの使いやすさと比べてしまうとこの点は劣るでしょう。

また、レジュメが編集できたり書き込みできたりなどの機能はありません。

そのへんは、資格スクエアのレジュメ機能とは大きく違う点ですね。

スマホでの使いやすさという点では、資格スクエアやスタディングの方が一歩上ね!

資格スクエアの予備試験講座のレビューについてはこちらにくわしく書いています。

アガル-トの悪い評判③ 講義の種類・オプションが多すぎる

アガル-トはコースによって価格帯の幅が広いのが特徴です。

リーズナブルな価格で受講できることは通信講座の大きな強みなのですが、アガルートの受講料はものによっては100万円前後とほとんど大手予備校と変わらない価格となってしまっています。

例えば、「予備試験1年合格カリキュラム」はマネージメントオプションを追加すると+672,000円・・

ただマネージメントオプションをつけると金額が上がるのには理由があるのだ。

伊藤塾並の値段に!それでもマネージメントオプションが高くないという理由は・・?

実は、通常個別指導はどこの予備校でも1回で約20,000円するんです。

それを毎週丁寧にフォローアップしてくれるだけで、合格までに50~60回あります。

つまりそれだけ約120万円分の価値が!!!

また人数の多い大手予備校ではそこまで個別指導には力を入れていないので、質問などをして丁寧に勉強のスケジューリングなどを指導されたい方には価値のある価格のかもしれませんね。

ですが、直接の対面指導はほぼないコースであれば、548,000円でかなりお得ですね。

オプションを追加しなくても60回分も答案添削もついてきます!

なるほど。。でも良くも悪くもたくさん講座やオプションがあって複雑ね。

そうなんです。アガル-トは公式ページを見ただけではオプション有無の違いが相当わかりにくいので、勘違いしないためにも一度受講相談するのがおすすめです。

さらに、アガル-トの講座を安く購入する方法についてはこちらでまとめています。

アガルートに向いているのはこんなひと

ここまでアガルートのメリット・デメリットについて説明させていただきました。

総じてオンラインと通学の良いところどりしたい人にとっては非常によい予備校だと思いました。

これらを踏まえてアガルートに向いているのひとってどんなひとなのか考えてみました。

ちょっと多くなってしましたが、まとめるとこんなひとだと思います。

社会人受験者
テキストの質を重視するひと
進捗状況を管理されたいひと

社会人で限られた時間を使ってオンラインで講義は受けたい。でも情報収集や、学習の進捗具合は管理してもらえる予備校を求めている人にとっては非常にコスパのいい教材だと思います。

ただし、全部通学型でがっちりやりたい人は、伊藤塾やLECなどの大手予備校のほうが安心かなと思いました。

またアガルートはテキストが良質で、書き込み学習できるようになっています。

スキマ時間をかき集めて勉強するタイプのひとよりかは、ある程度集中した時間で机に向かって勉強する人向きだと思います。

アガル-トの口コミや評判は? まとめ

アガル-トについてメリット・デメリットをレビューさせていただきました。

オンラインの新興予備校ながら、テキストや講師のサポート面で優れた予備校だということがおわかりいただけたでしょうか?

メリットとデメリットをまとめると、下記のようになりました。

時間の融通が効く

テキストがわかりやすい

個別指導体制も整っている

講義の質は講師による

スマホでの講義視聴は使いにくい

講義の種類・オプションが多すぎる

また向いているひとはこんな方です。

アガルートに向いている人
  • 製本テキストに書き込みながら勉強したい人
  • 進捗状況を管理されたい人
  • 演習がっつりで論理的にしっかり理解したい人

アガル-トの受講を迷っているひとの参考になれば幸いです。

アガル-トのセール情報についてはこちらで詳しくまとめています。

\ 8月2日までキャンペーン中/

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

ABOUT US

30代社会人の難関資格マニア。
東大・ロンドンビジネススクールMBA卒。
国家総合職(国家公務員試験)上位合格者。
現在、司法試験予備試験受験生でメインは資格スクエア、サブでアガルートを受講中。2才児育児と勉強の両立に悩み中。
大手予備校、独学、浪人、オンライン予備校すべて経験あり。

目次
閉じる