【ステマなし】資格スクエア 予備試験講座の口コミ・評判【6ヶ月使った私が正直レビュー】

司法試験

資格スクエアって最近広告をよく見るけど・・実際のところどうなの?

体験者の率直な意見がききたい!

という悩みに答えます。

資格スクエアは2013年から始まった新興オンライン予備校です。

そこで今回は2020年度版の最新、資格スクエア予備試験講座6期を実際に受講している私が口コミと評判を調査しました。

補足

私自身は20年1月より使用開始しましたので、半年間の使用レビューになります。

全ての講座やテキストを使い終わっているわけではない点はご了承ください。

資格スクエアを使用して3か月のときに書いた、資格スクエアのテキストに特化したレビューは別で記事を書いています。

テキストについてはこちらを参照ください。

参考までに20年6月時点で配送済みのテキストです。これで資格スクエア6期のテキストは全てです。

資格スクエア6期 予備試験 1月到着分

資格スクエア6期 予備試験 6月到着分

全テキストの高さは・・

この記事を書いている私は・・

書いてる人

資格スクエアの予備試験講座6期を現在進行形で受講しています。

アガル-トの予備試験講座も受講しているので違いについてもよくわかってます。

\詳しくはこちら/

資格スクエア 予備試験講座の口コミ・評判 メリット

結論、資格スクエアを半年間使ってみて私が個人的に思うメリットは「理解しやすいこと」です。

この内容を3つのポイントで深堀りします。

メリット

  1. 講座コスパ最強
  2. カリキュラムが効率的
  3. 論文添削をたくさん出せる

では、それでは順番に詳しくみていきましょう。

資格スクエア 予備試験6期 メリット ①講座コスパ最強

高野先生の講座がこの値段で受講できるのはコスパ最強。ちなみに過去問講座も6期は高野先生。

資格スクエア6期の基礎講座は高野先生、演習は吉野先生です。

どちらもキャリアの長いベテランの有名講師。

これは何回も書いていますが、高野先生は法律初学者にもすべてをさらうように解説してくれるため非常にわかりやすいです。

これは多くの資格スクエア受講生同意してくれるのではないかと思います。

また吉野先生の論文講座はわかりやすいし、文句はありませんが、

でも実は資格スクエア5期では、過去問講座が合わないという声が多くみたよ。。

正直これはTwitterや2chでよく書かれている口コミです。

これは、6期の受講生としては正直不安だったのですが・・

実は5期のときとは先生が変更になり、6期の過去問講座担当は高野先生なのです!

これは嬉しい!

ちなみに過去問講座なのですが、こちらは私はまだ受講していないのでレビューできませんが・・

5期の過去問講座の悪い評判を聞いて不安になっている人はこちらのツイートでなんと資格スクエア5期と6期の違いをまとめてくれています!

※こちらの公開はご本人の許可をいただいておりますが、転用はご遠慮ください。

めちゃくちゃ参考になりますね!

DAIさんは5期受講生なのでこの時点では6期のスケジュールの全貌は明らかではなかったようなので、この辺は6期受講生の私が別途アップデートしていきます。

資格スクエア 予備試験6期 メリット② カリキュラムが効率的

資格スクエア6期 予備試験講座セット

カリキュラム上、ステップバイステップなので初学者にもわかりやすい!

例えば、講義のインプットについては民法Ⅰ(易)➡ 民法Ⅱ(やや難)の順番になっています。

最初にやると混乱すると思われるものはⅠの段階ではあえて飛ばすカリキュラムになっています。

難易度の高い論点にステップアップして攻略する仕組みになっています。

この素晴らしさはNobuakiさんがツイートでうまくまとめてくれています。

また資格スクエアでは「とにかく早く一周せよ」とよくいわれますが、基礎テキストがコンパクトにまとまっているので一周がすぐ終わります。

法学未経験者の私でも基礎講座の一周はサクっと終わらせられました。

ちなみに「一周」はこの動画によると2~3割の理解度でよいそうですよ!

詳しくは鬼頭先生が動画で説明しています。

 

学習ロードマップや合格読本によりやるべき次のステップが見えやすいのも個人的にお気に入りポイントです。

この辺についてはテキストレビューで詳しく紹介しています。

資格スクエア 予備試験6期 メリット③ 論文添削をたくさん出せる

資格スクエアの逆算プランを選んだ場合は、添削は130通ついてきます。

これは他の予備校のプランと比べても充実していますね。

資格スクエア

アガルート

STUDYing

コース名

逆算プラン

1年合格カリキュラム

予備試験合格コース

添削・答練数

130通

60通

0通

鬼頭先生によると合格者の多くは添削は100通以上出していたらしいね!

もちろんただ書けばいいということではないでしょうけど、自分で書いてアウトプットの機会をたくさんつくり、練習することの大切さを言っています。

また添削の対応についても丁寧でした。

憲法、商法の導入問題の添削を約10通を同時に提出しましたが、返却は10日後にしてくれました!

資格スクエアは公式サイトで添削は2週間以内に返すことを約束しており、いままで必ず守られています。これは私以外の受講生からも聞きました。

講師の方が担当してくださるものに関してはかなり早いと思いますので、その辺は安心できます。

実際に12通一気に出して、1週間で返却されたことも!

資格スクエア 予備試験講座の口コミ・評判 デメリット

あえて言うならのデメリットは人によっては「使いにくいこと」です。

これだけです。

この点についても3つのポイントで見ていきましょう。

デメリット

  1. 索引がない
  2. 事務作業がやや雑
  3. 音声ダウンロードが使いにくい

 

資格スクエア 予備試験6期 デメリット① 索引がない

資格スクエアのテキストにはクロスリファレンスがありません

正直、しっかり講義聞いていればだいたいこのページにあるというのは覚えられるし別にいらないか・・

と思ってたのですが!

最近になりアガル-トのテキストをつかってみたところ・・

論文と基礎テキストの間にクロスリファレンス、索引が付いていて、便利すぎ。

まじか・・

と思ってしまったのです!(笑)

この辺はさすがテキストで有名なアガル-トですね!

ですので、論文テキストと基礎テキストを相互に参照できるように該当ページを入れてくれると知りたいポイントにアクセスしやすいのにな!と思いました。

この辺は私は個人的にMicrosoft One Noteで自分でレジュメを作っているので検索すればアクセスをできるのでそこまで困ってはいませんが、あれば尚よしです。

資格スクエア 予備試験6期 デメリット② 事務作業がやや雑

これは資格スクエア講師の方ではなく事務の対応についてです。

そこまで気になるほどではないけど、バイトさんに任せている事務作業がやや雑な気も?

添削などは丁寧で問題なし。

私がそう思った理由は下記の出来事からです。

  • テキスト発送が遅れた
  • オンラインレジュメにたまにミスがある

私は海外からの受講ですが、一度テキストの発送が遅いことがありました。

問い合わせをしたらすぐに発送してくれたみたいなんですが、Twitterで他の受講生が受け取ったと言っていたのから10日くらいは遅れていた気がします。

と言っても海外発送を無料で受けてくれるのは資格スクエアだけなので、文句はいえませんけどね。

また、論文の添削など勉強の根本にかかわるものについては先に述べた通り問題ありません。

テキストのミスについて、詳細はテキストレビューの方に記載しています。

資格スクエア 予備試験6期 デメリット③ 音声ダウンロードが使いにくい

容量が結構重いので、スマホに一発でダウンロードはできない。

またアイフォンで使うには一工夫必要。

そもそも結構な講義数をオフラインダウンロードするので、重いんですよね。

これをダウンロードするのはなかなか骨が折れました。

これをなんとかスマホで使う方法はこちらに書きました。

資格スクエア 音声ダウンロードって必要なの?【活用方法も解説】

ただ音声ダウンロードは正直もアガルートも使いにくい。。

アガル-ト資格スクエアの音声ダウンロードの形式はどちらもMP3でした。

音声ダウンロードをスマホで使うのは容量の問題もありますし、結構難しいのかもしれませんね。

資格スクエア 予備試験講座の受講を迷っている人へ

資格スクエアのレビューを書いた企業サイトやブログはたくさんあります。

その中には実際に使っていない人が書いているものもあります。

リアルな評判を知りたい場合は、今回ご紹介したアカウントをはじめとしたTwitterが参考になる!

評判や口コミを探していると結構酷評されているものの(特に2chなど)多いのですが、あとは自分の使い方次第じゃないかなと思っています。

本記事で紹介させていただいたTwitterのアカウントをはじめとし、私のTwitterのフォロワーさんには現役で資格スクエアを受講している方がたくさんいらっしゃいます。

受講を検討している方は、まずは現役受講生の方のTwitterをフォローしてレビューを見てみるのも手だと思います!

資格スクエア 予備試験講座の口コミ・評判 まとめ

今回は資格スクエア予備試験講座6期を半年間使ってみて、実際の評判をまとめました。

人によっては感じることも違うかと思います。

もう一度、資格スクエアの予備試験講座の口コミ・評判をメリット・デメリットにまとめます。

メリット

  1. 講座コスパ最強
  2. カリキュラムが効率的
  3. 論文添削をたくさん出せる

デメリット

  1. 索引がない
  2. 事務作業がやや雑
  3. 音声ダウンロードが使いにくい

資格スクエアの予備試験講座は、予備試験を最短で合格したい人にとってとても優れている講座です。

資格スクエアの受講を迷っているひとはひとまずオンライン説明会を受講してみましょう。

資格スクエアのオンライン説明会を受ければ講座購入の特典がつきます。

受講を悩んでいるひとの参考になれば嬉しいです。

\説明会の予約はこちら/