資格スクエア予備試験講座の口コミ・評判【1年使った受講生が正直レビュー】

資格スクエア 予備試験

資格スクエアって最近広告をよく見るけど・・実際のところどうなの?

体験者の率直な意見がききたい!

という悩みに答えます。

資格スクエアは2013年から始まった新興オンライン予備校です。

そこで今回は2020年度版の最新、資格スクエア予備試験講座6期を実際に受講している私が口コミと評判を調査しました。

本記事は半年間の使用レビューになります。この時点では全ての講座やテキストを使い終わっているわけではない点はご了承ください21年10月追記しました。

資格スクエアを使用して3か月のときに書いた、資格スクエアのテキストに特化したレビューはこちらで記事を書いています。

参考までに20年6月時点で配送済みのテキストです。これで資格スクエア6期のテキストは全てです。

資格スクエア6期 予備試験 1月到着分
資格スクエア6期 予備試験 6月到着分
れみ

資格スクエアの予備試験講座6期を現在進行形で受講中。アガルートの予備試験講座も受講しているので違いについてもよくわかっています。

\ 私が使っているのはこちら/

また今回の評価基準には含めていませんが、20年度、資格スクエアのテキストの一部に他社の書籍を不正に利用していたという問題がありました。受講生への影響は特になく、すでに著者や出版社とは和解済みですが気になる方はこちらを参考にしてください。

目次

資格スクエア 予備試験講座の口コミ・評判 メリット

結論、資格スクエアを半年間使ってみて私が個人的に思うメリットは「初心者でも理解しやすいこと」です。

この内容を下記3つのポイントで深堀りします。

  1. 高野先生の講義
  2. カリキュラムが効率的
  3. 論文添削をたくさん出せる

では、それでは順番に詳しくみていきましょう。

資格スクエア 予備試験 メリット① 高野先生の講義

れみ

資格スクエアの魅力はなんといっても高野先生の初心者にもわかりやすい講義ですね。

資格スクエア6期の基礎講座は高野先生、演習は吉野先生です。

どちらもキャリアの長いベテランの有名講師。

これは何回も書いていますが、高野先生は法律初学者にもすべてをさらうように解説してくれるため非常にわかりやすいです。

これは多くの資格スクエア受講生同意してくれるのではないかと思います。

私はアガルートの講義も一部聞いていますが、アガルートの工藤先生の解説は頭のいい人向けの授業ではあるので、法律初心者にわかりやすいのは高野先生だなと思います。

でも実は資格スクエア5期では、過去問講座が合わないという声が多くみたよ。。

正直これはTwitterや2chでよく書かれている口コミです。これは、6期の受講生としては正直不安だったのですが、

5期のときから講師が変更になり、6期の過去問講座担当は高野先生なのです。(7期のリリースはこれからですが、おそらく高野先生)

過去問講座では、高野先生自ら書いた解答とテキストの解答の2種類を解説してくれるます。

受験生

予備校答案って完璧すぎて、そんなのできない・・って思いがちだけど、高野先生の書いた結論を変えたバージョンなどもあって勉強になる。

5期の過去問講座の悪い評判を聞いて不安になっている人はこちらのツイートでなんと資格スクエア5期と6期の違いをまとめてくれています!

※こちらの公開はご本人の許可をいただいておりますが、転用はご遠慮ください。

めちゃくちゃ参考になりますね!

資格スクエア 予備試験 メリット② カリキュラムが効率的

資格スクエア6期 予備試験講座セット
れみ

ステップバイステップなので初学者にもわかりやすい!特に素晴らしいのは導入問 → 基礎問Ⅰ → 基礎問Ⅱの流れ。

例えば、講義のインプットについては民法Ⅰ(易)➡ 民法Ⅱ(やや難)の順番になっています。

最初にやると混乱すると思われるものはⅠの段階ではあえて飛ばすカリキュラムになっています。

難易度の高い論点にステップアップして攻略する仕組みになっています。

また資格スクエアでは「とにかく早く一周せよ」とよくいわれますが、基礎テキストがコンパクトにまとまっているので一周がすぐ終わります。

法学未経験者の私でも基礎講座の一周はサクっと終わらせられました。

ちなみに資格スクエアに確認したところ「一周」は2~3割の理解度でよいそうですよ!

学習ロードマップや合格読本によりやるべき次のステップが見えやすいのも個人的にお気に入りポイントです。

ただし、資格スクエアには論証集がやや足りてない、答案の書き方の身につけ方という点では伊藤塾やアガルートには劣るので、その点はデメリットで見ていきましょう。

この辺についてはテキストレビューで詳しく紹介しています。

資格スクエア 予備試験 メリット③ 論文添削をたくさん出せる

資格スクエアの逆算プランを選んだ場合は、添削は200通ついてきます。

これは他の予備校のプランと比べても充実していますね。

スクロールできます
代表講座名税込価格講義時間数テキスト質問添削模試
伊藤塾司法試験 入門講座 
2年合格コース
【伊藤塾長クラス】
1,299,900円約819
時間
147通公開
模試
アガルート予備試験1年合格 カリキュラム
(マネージメントオプション
通信)
1,292,060円約631
時間
FB150通自宅
模試
資格スクエア逆算プラン(7期)877,800円約400
時間
メール200通自宅
模試
LEC予備試験 1年合格専用 コース
通信DVD
1,323,300円約700
時間
不明自宅
模試
スタディング予備試験合格コース
(総合)
134,200円約342
時間
製本
テキスト
なし
××自宅
模試

鬼頭先生によると合格者の多くは添削は100通以上出していたらしいね!

もちろんただ書けばいいということではないでしょうけど、自分で書いてアウトプットの機会をたくさんつくり、練習することの大切さを言っています。

憲法、商法の導入問題の添削を約10通を同時に提出しましたが、返却は10日後にしてくれました!

資格スクエアは公式サイトで添削は2週間以内に返すことを約束しており、いままで必ず守られています。これは私以外の受講生からも聞きました。

講師の方が担当してくださるものに関してはかなり早いと思いますので、その辺は安心できます。

実際に12通一気に出して、1週間で返却されたことも!

資格スクエア 予備試験講座の口コミ・評判 デメリット

デメリットは下記3点です。

  • 事務作業がやや雑
  • 講義内容が絞られている
  • 論証集とのリンク性が薄い

資格スクエア 予備試験 デメリット① 事務作業がやや雑

これは資格スクエア講師の方ではなく事務の対応についてです。

そこまで気になるほどではないけど、バイトさんに任せている事務作業がやや雑な気も?

添削などは丁寧で問題なし。

私がそう思った理由は下記の出来事からです。

  • テキスト発送が遅れた
  • オンラインレジュメにたまにミスがある

私は海外からの受講なためか、一度テキストの発送が遅いことがありました。

問い合わせをしたらすぐに発送してくれたみたいなんですが、SNS上で他の受講生が受け取ったと聞いてから10日くらいは遅れていた気がします。

また、論文の添削など勉強の根本にかかわるものについては先に述べた通り問題ありません。

テキストの誤植やミスは大手予備校に比べると歴史が浅いため、割とあるなと感じています。詳細はテキストレビューの方に記載しています。

音声ダウンロードの使いにくさについては2021年1月 この点は大幅改善されました。資格スクエアをなんとかスマホで使う方法はこちらに書きました。

資格スクエア 予備試験 デメリット② 講義内容が絞られている

資格スクエアのカリキュラムは効率的に1年で合格できるようにかなり絞られています。そのため、下記の点についてやや足りないなと感じる受講生もいます。

  • 論証集が薄い。
  • 中長文問題がない。

資格スクエアの論証集はかなり論点が絞られているため、基本全て覚える必要があると思っています。実際、アガルートなどの論証集と比較すると結構いので、旧司法試験の過去問を解いていくと知らない論点がでてくるので、過去問を解く段階で自分で知識を補強していく必要があります。

アガルートの論証集は市販でも買えるので、そっちで補強するのもありかなと思いました。

また、基礎問までの流れは非常にわかりやすい講座ですが、基礎問と過去問の間に中長文問題はないので、いきなり過去問をやると難易度が一気に上がるため面食らいます。

れみ

過去問で頑張って慣れるのもありですが、私はアガルートの
重要問題習得講座
をやりました。

資格スクエア 予備試験 デメリット③  論証集とのリンク性が薄い

資格スクエアのテキストにはクロスリファレンスがありません

正直、しっかり講義聞いていればだいたいこのページにあるというのは覚えられるし別にいらないか・・

と思ってたのですがアガル-トのテキストをつかってみたところ・・

論文と基礎テキストの間にクロスリファレンス、索引が付いていて、便利すぎ。

まじか・・

と思ってしまったのです!(笑) 論文テキストと基礎テキストを相互に参照できるように該当ページを入れてくれると知りたいポイントにアクセスしやすいのになと思いました。

また、アガルートには論証集が過去問や重問とリンクしており、それぞれのポイントに簡単にアクセスできるようになっていますが、資格スクエアの論証集にはその機能はありません。

れみ

勉強が進んでくるとだいたいどこの論点かわかるので問題ないけど、初心者だと何のことかわからないので、その点はアガルートの方が親切。

頻出度や抑えておくべきポイントがABCランク付けされていますが、そういったものもありません。

資格スクエアの論証集は他の予備校よりポイントを絞られているので、もしかしたらランク付けするまでもなく全て覚えなさいというメッセージかもしれませんが。

資格スクエア 予備試験講座の口コミ・評判 まとめ

今回は資格スクエア予備試験講座6期を半年間使ってみて、実際の評判をまとめました。

人によっては感じることも違うかと思います。

もう一度、資格スクエアの予備試験講座の口コミ・評判をメリット・デメリットにまとめます。

  1. 高野先生の講義
  2. カリキュラムが効率的
  3. 論文添削をたくさん出せる
  • 事務作業がやや雑
  • 講義内容が絞られている
  • 論証集とのリンク性が薄い

資格スクエアの予備試験講座は、予備試験を最短で合格したい人にとってとても優れている講座です。

資格スクエアの受講を迷っているひとはひとまずオンライン説明会を受講してみましょう。

資格スクエアのオンライン説明会を受ければ講座購入の特典がつきます。

受講を悩んでいるひとの参考になれば嬉しいです。

\詳しくはこちら/

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる