MENU
難関資格マニア
30代社会人の難関資格マニア。
東大→LBS MBA卒。
国家総合職(国家公務員試験)上位合格者。
現在、海外駐在と育児をしながら司法試験予備試験受験生。
過去に大手予備校、独学、浪人、オンライン予備校すべて経験あり。

フォーサイトの行政書士講座の評判・口コミは?【2022年版最新】

フォーサイト 行政書士 評判
フォーサイト 行政書士
悩んでる人

フォーサイトの行政書士講座ってコスパ最強だけど、実際の評判は?

という悩みを解決します。

フォーサイトはeラーニングを始めとする充実の教材で有名な通信講座です。

そこで今回は、2022年最新のフォーサイトの行政書士講座についてまとめていきたいと思います。

フォーサイトは広告宣伝をあまりしていないため、知名度こそ低いですが高い実績に受験生に人気の通信講座です。

この記事に向いている人
  • フォーサイトの行政書士講座の受講を検討している人
  • フォーサイトの行政書士講座の口コミが気になる人 

では早速、見ていきましょう。

\ 最大64,000円引きキャンペーン中/

目次

フォーサイトの行政書士講座について

結論、フォーサイトの行政書士は基礎講座はセール中で、初心者なら買いです。

コスパがいいという声もありますが、セール中でないとそんなに安いとは言えません。

個人的には内容を他の予備校と比べるとやや講義は少ないかな?と思うので、テキストメインで勉強できる人が使うほうがおすすめです。

悩んでる人

フォーサイトのどのコースを選ぶのが一番おすすめなの?

という人のために、まずはフォーサイトの行政書士講座のカリキュラムとその他パックコースについて詳しく見ていきましょう。

フォーサイト行政書士講座 スピード合格講座

スピード合格講座コースは、行政書士試験の合格のために必要なすべての学習を内容が詰め込まれたカリキュラムです。

スクロールできます
講座名対象税込価格セール価格基礎問過去問直前対策答練
バリューセット1初学者・経験者103,600円58,800円××
バリューセット2初学者・経験者136,000円78,800円×
バリューセット3初学者157,800円93,800円
21年11月に価格が改定されました

それぞれの違いは含まれる講座数です。またこの中でバリューセット3だけが不合格時全額返金してくれる制度の対象です。

フォーサイトは0から法律の勉強を始める人は「バリューセット3」をおすすめしていますが、すでに基礎がある人や、他の予備校で答練を取る人は単発講座のみで購入することも可能です。

れみ

セット購入がお買い得ではあるけど、必ずしも全部購入しなければいけないわけではないよ。

では、それぞれの単発講座を見ていきましょう。

フォーサイト行政書士講座 単発講座

単発講座は下記4つです。

これはバリューセットの中身と全く同じ講座です。

スクロールできます
講座名税込価格セール価格
基礎講座 2021年試験対策51,800円
過去問講座 2021年試験対策51,800円
直前対策講座 2021年試験対策 記述問題対策編10,800円
直前対策講座 2021年試験対策 一般知識対策編10,800円
直前対策講座 2021年試験対策 択一対策編10,800円
直前対策講座 2021年試験対策 3編同時申し込み32,400円27,800円
ペースメーカー答練講座 2021年試験対策21,800円
21年11月に価格改定されました

単発講座は割引がないのでもしセットをキャンペーン期間に購入できるなら、バリューセットで購入したほうが圧倒的にお得ですね。

受験生

確かに、この違いならたとえ過去問講座がいらなくてもバリューセット買ってしまうかも・・。

直前対策も細かく記述と一般知識、択一に分かれているので、自分の苦手なところだけ最後に補強するのに使うのも手ですね。

講座の種類についておわかりいただけたところで、実際の口コミよりメリット・デメリットに分けて見ていきましょうね。

フォーサイト行政書士講座 メリット

フォーサイトの行政書士講座が他の予備校と比べて特に優れている点は下記3つです。

  1. 合格実績
  2. eラーニングシステム
  3. 効率化重視のカリキュラム

ではそれぞれ説明させてください。

メリット① 合格実績

フォーサイトの行政書士の合格実績は業界トップクラスです。

その合格率はなんと42.6%

スクロールできます
予備校名実績
伊藤塾合格者の声多数
数字は非公開
フォーサイト2019年全国平均の3.7倍
資格スクエア非公開
LEC2019年全国平均の約4倍
アガルート2019年全国平均の6.32倍
スタディング非公開

行政書士で有名なLECやアガルートには劣るものの、ほぼ2人に1人が合格というのは驚異の実績ですね。

れみ

フォーサイトの魅力は授業時間の少なさ。大手予備校は講義時間が結構長くてしんどい量なので、インプットは少なくても実績があるというのがさらにすごいポイント。

行政書士の合格率は全国平均が11.5%の難関資格なので、フォーサイトを使えばその4倍受かりやすくなるということですね。

メリット② eラーニングシステム

フォーサイトが受験生の中で人気のある理由として、独自のeラーニングシステムがあります。

旧「道場破り」から最近になって「ManaBun(まなぶん)」という新しいフォーサイトの学習者向けスマホアプリに生まれ変わりました。

ManaBunがすごいのはインプット・アウトプット機能どちらも持っているところです。ManaBunで使える機能はこちら。

  • 音声・動画講義の視聴
  • eライブスタディ視聴
  • デジタルテキストの閲覧
  • データダウンロード
  • 問題演習
  • 質問機能
  • スケジュール自動作成機能

これだけ見ると、合格に必要な教材がほぼスマホの中に網羅されていると言えるのではないでしょうか。このスマホでの使い勝手はスタディング並です。

もはや外出時にテキストを持ち歩く必要なく、講義を聞いたりテキストをスマホでみたりできてしまうのは非常に効率的ですね。

その上、フォーサイトのいいところは製本テキストや問題集はもちろん合格サポートブックなどの物理的な教材も充実しているところです。

受験生

オンラインとオフラインの強みをどっちも持ってるのはフォーサイトの強みね。

学習スケジュールを自分のライフスタイルに合わせて自動で作成してくれたり、スマホから質問箱に投稿できたりするのはスキマ時間にちょこちょこ使えて便利ですよね。

このアプリは無料で体験もできるので、気になる人は試してみるのも手ですね。アプリのダウンロードはこちら

れみ

スマホでスキマ時間にアウトプットだけでなく、インプットもできてしまうのは優れもの。

メリット③ 効率化重視のカリキュラム

フォーサイトの行政書士講座の良さとして、よく声に上がるのは効率化重視のカリキュラムです。

フォーサイトの講義時間は良くも悪くもとても短いです。これは合格ラインを意識した、無駄を徹底的に削ったカリキュラムだからです。

れみ

フォーサイトのテキストもう薄くて中身の文字数も少ない。重要なポイントのみ厳選されているので無駄な文字を読む必要がない。

TACやLECの大手、クレアール、東京法経学院などが白黒のテキストを使っている中、フォーサイトのテキストはフルカラーで図解が多く、そのあたりもユーザーフレンドリーです。

また福澤先生を始めとした講師の方の授業もポイントに絞って教えてくれるという声が多くあります。

フォーサイト行政書士講座 デメリット

次にあえてフォーサイトが足りないなと思う点をあげていきますね。

デメリットはこの3点です。

  • コスパが微妙
  • アウトプットが不足
  • 直前対策が長くて直前に不向き

順番に見ていきましょう。

デメリット① コスパが微妙

フォーサイトの行政書士講座は値段としては平均的な設定です。

ですが、他の予備校と比べてみると教材や模試などは含まれるといえど、一番の要である講義の時間別単価が一番高いという結果になりました。

ただし実質はキャンペーン価格で購入できる可能性が高いので、一概に高いともいえません。

スクロールできます
予備校名代表講座名税込過価格講義時間数オリジナルテキスト質問模試時間別単価

アガルート

入門総合カリキュラム(フル)

261,800円(183,260円)

約265時間

Facebook
から

987円

(692円

フォーサイト

バリューセット2 2021年試験対策

(基礎+過去問+直前対策講座)

136,000円(78,800円)

約76時間

15回

1,780円

(1,036円)

LEC

パーフェクトコースSP

255,000円

約230時間

1,108円

伊藤塾2020年度合格目標
行政書士合格講座
本科生
268,000円約239時間1,121円

スタディング

総合コース

65,780円

約84時間

製本テキストは別売

(15,290円)

×

787円

東京法経学院行政書士 新・最短合格講座(総合コース)94,100円約108時間871円
TACプレミアム本科生Plus259,000円約198時間1,308円
※講義時間数は21年9月時点で公式HPに掲載のある時間です。
※時間別単価はHPに掲載掲載情報を元に独自で追記していますので参考程度にしてください。

もちろん講義時間が長ければいいということはありませんし、フォーサイトは教材や模試なども含まれているという点では充実しています。フォーサイトの価格はほとんど教材費と考えられます。

れみ

それでもやはり同じくらいの講義時間の資格スクエアやスタディングはもっと価格設定が安いよね。

ですが、フォーサイトはセールやキャンペーン期間が長いことで知られています。セール期間中は約5万円と大幅割引になるので、セール期間中に購入できた場合はかなりお買い得です。

悩んでる人

フォーサイトのセール・キャンペーン期間は一体いつまでなの?

実はフォーサイトのキャンペーン期間は明確な期限がありません。

通常は新講座がリリースされてから2~3ヶ月間はセール中で、行政書士講座は7月ごろに最終セールをしています。

割引やキャンペーンについてはこちら参考にしてください。

またフォーサイトは教育訓練給付金対象の予備校です。

その上に前述した通り、不合格だった場合講座料金を全額返金してくれる制度があるので、その点は生徒を合格させる自信があるのでしょう。

合格保証してくれるのは安心ですよね。

デメリット② アウトプットが不足

フォーサイトの講義時間は良くも悪くもかなり短いです。

これだけを完璧にマスターすれば合格するという要点のみに極限まで削っているので逆に言うとフォーサイトの内容を少しでも落としてしまうと合格できません

また、再受験者にとってはすでに知っている情報も多く、新たな学びがあまりなかったという声もあります。

実際の講義内容を他社と比較してみましょう。これはバリューセット2のケースです。

予備校名合計講義時間インプットアウトプット
伊藤塾23918356
フォーサイト765917
資格スクエア704525
LEC21619422
アガルート26517095
スタディング844836

いかがでしょうか。特にアウトプットが少ないと思ったのではないでしょうか。

バリューセット3にした場合はアウトプットが約31時間になります。

つまり過去問演習が不足しているんですね。

フォーサイトの過去問演習は約7時間程度で非常に少なく、また解説もテキストを読み込むだけなのであまり講座を受講しているという感じではないという口コミもあります。

れみ

過去問演習は市販のテキストでもできるし、どこの予備校にもあるものなので、解説が自分に合っているところのものを選ぶべきね。

デメリット③ 直前対策が長くて直前に不向き

フォーサイトのアウトプット講座は講義時間が少なめなのに対し、直前対策は意外とボリュームがあります。

例えば、「択一対策編」と「記述問題対策編」は演習の問題量が結構な量あるので、直前の時間のないときに解くのに向いていません。直前対策というよりは基礎講座後の不足分の復習としての役に立ちそうです。

悩んでる人

確かに、直前対策は本当に大事なポイントのみ短時間で復習を繰り返すのに使いたいな。

特に「一般知識対策編」のテキストは基礎講座とほぼ内容が重複しているので、基礎講座をしっかり理解している人にとっては不要という口コミもあります。

という、過去問の内容と直前対策の分量には悪い口コミもありますが、基礎講座とeラーニングシステムには感謝の声が多いのも事実です。

れみ

フォーサイトの基礎講座には力をいれているようで、初心者にとっては凝縮された内容で効率的だよね。

フォーサイトの行政書士講座の口コミ・評判は? まとめ

いかがでしたでしょうか?

フォーサイトは中級者には向かない内容だと思いますが、初心者には安心の合格保証つきの通信講座ですよね。

また、セール・キャンペーン期間中に購入できた場合はかなりお手頃で手に入れることができます。

ただし良くも悪くもコースは選ぶ必要があるので、自分の学習状況に応じて合っている講座を選ぶ必要があります。

もう一度、メリット・デメリットをまとめておきます。

  1. 合格実績
  2. eラーニングシステム
  3. 効率化重視のカリキュラム
  • コスパが微妙
  • アウトプットが不足
  • 直前対策が長くて直前に不向き

最近は予備校事情も一気に変わり、資格試験受験も通学型がメインだった時代から、オンライン化に変わろうとしていますよね。

オンライン予備校を使って気軽に家でも勉強ができる時代はとてもありがたいですよね。

外出を控えたいこの時期にがっつり家でスキルアップするのも手かもしれないですね。

\ 最大59,200円引きキャンペーン中/

フォーサイト 行政書士 評判

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたらうれしいです!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次