資格スクエアの社労士講座の評判・口コミは?【2021年版最新】

悩んでる人

資格スクエアの社労士講座って2021年版は何が変わったの?
実際の評判は?

という悩みを解決します。

資格スクエアはAIを使った出題予想や逆算思考のカリキュラムなど、次々と新しい施策で実績を出しているオンライン予備校です。

そこで今回は、2021年最新の資格スクエアの社労士講座についてまとめていきたいと思います。

資格スクエアは他の予備校にない独自のカリキュラムで合格への最短ルートへと導いてくれる予備校。

れみ

実際に資格スクエアの社労士講座を期間限定でお試しさせてもらったよ。

この記事に向いている人
  • 資格スクエアの社労士講座の受講を検討している人
  • 資格スクエアの社労士講座の口コミが気になる

では早速、見ていきましょう。

\ オンライン説明会出席で特典ゲット/

目次

資格スクエアの社労士講座について

結論、資格スクエアの社労士講座は初学者にも安心のゼロから教えてくれる講座です。

しかしながら、コースによってはオンライン予備校にしては値段が高めに設定されています。

悩んでる人

資格スクエアのプランって何が違うの?
単発講座はないの?

という人のために、まずは資格スクエアの社労士講座のコースについて詳しく見ていきましょう。

資格スクエア社労士講座 プラン

カリキュラムは下記3コース。

「逆算プラン」と呼ばれる資格スクエア独自の合格から逆算して作られた、勉強効率を最大化したカリキュラムが大きな特徴です。

主にこの3つの違いがあるのは、値段と細かいサポート体制のポイントです。

講座名税込価格質問学習計画フォロー電話個別指導
逆算プレミアム206,800円
逆算プラン173,800円×
独学プラン107,800円××
  • 学習フォローは月1回15分できる個別相談の時間
  • 個別指導は合格者との月2回各15分の相談

講座内容はいずれも下記が含まれております。

・入門講座
・基礎講座
・選択式過去問対策講座
・直前対策講座
・科目別問題演習
・ウェブ問題集
・模試
・メール質問

フォローと電話相談の違いは、フォローは学習進捗を月に1回スタッフさんが管理してくれるもので、電話相談は合格者に勉強内容の相談を依頼することができます。

資格スクエアがおすすめしているのは「逆算プラン」が学習計画フォローがついていて一番人気です。

悩んでる人

今の時期に年金の基礎を勉強してて私って遅れてないかな?

なんていう不安を取り除いてくれるサービスです。

逆算プランと逆算プレミアムの場合は「合格シート」や「レベル別学習シート」がついているのでそれを自分で読んで計画を立てられる人は迷子にはなりません、安心してください。

合格シートって何?という人は私の実際使っている教材を資格スクエア予備試験講座受験記に公開しています。

内容は予備試験講座ですが、教材はだいたい同じです。

独学プランの場合は学習進捗管理はないので、講義と教材で通信講座のように勉強することになります。

れみ

超個人的意見ですが、私は質問もあまりせずに一人で黙々と勉強するタイプなので、独学で十分なタイプ。

逆算プレミアム社労士試験の合格者に直に質問や勉強の相談ができます。時間が短いので添削などの個別指導を受けるのは難しいかもしれませんが、合格者と話せる貴重な機会です。

資格スクエア社労士講座 合格術 音声DLオプション

資格スクエアの社労士講座には逆算プランとは別に「合格パック」という短い期間で合格を目指す人のプランがあります。

これは、本来のカリキュラムよりもかなり効率化された教材なので基本的には再受験者向きですが、基礎講座も含まれているので別の法律資格を受験済みの初学者にも対応していると言えるでしょう。

講座名税込価格
社労士合格パック(フルプラン82,280円
音声DLオプション33,000円

音声ダウンロードはすでに社労士講座を受講している人しか必要ないものですが、これを購入すれば半永久的に講座を聴くことができるようになります。有料オプションですが、実はオンライン説明会に参加すると特典として無料でもらえることがあります。

れみ

合格パックは翌年のカリキュラムがリリースされる頃に期間限定でセールすることがあるよ。

資格スクエアのキャンペーン期間はかなり短いので、もし出会えたらラッキーですね。

資格スクエアの社労士講座は、効率化されたカリキュラムや最新のIT技術を駆使した教材や学習システムが魅力です。

これは資格スクエアだけの強みですね。

講座の種類についておわかりいただけたところで、実際の口コミよりメリット・デメリットに分けて見ていきましょうね。

資格スクエア 社労士講座 メリット

資格スクエアの社労士講座が他の予備校と比べて特に優れている点は下記3つです。

  1. 合格実績が上がった
  2. AIによる出題予測が優秀
  3. 逆算プランになって教材が充実

ではそれぞれ説明させてください。

メリット① 合格実績が上がった

2020年まで資格スクエアの社労士講座は合格実績の記載がありませんでした。2021年になり20年度の合格発表の結果、ついに23%の合格率が掲載されるようになりました

予備校名2019年合格実績2020年合格実績
TAC445名合格301名合格
フォーサイト合格率は23.7%
全国平均の3.59倍
合格率25.7%
全国平均の4.01倍
資格スクエア非公開合格率23.0%
全国平均の3.59倍
LEC非公開非公開
アガルート合格率は20.8%
全国平均の3.15倍
合格率28.6%
全国平均の4.5倍
スタディング非公開非公開
全国平均6.60%6.40%

今までは大きな欠点は見られないものの、講座の値段は安いしなんか不安・・という声がありましたがついに資格スクエアでも十分合格に近づけるということが証明されました。

アガルートやフォーサイトなどと比べるまだまだですが、それでも全国の合格率平均よりもの3.59倍も高いというのは信頼できます。

れみ

しかもこれはカリキュラムが改善される前の結果なので、21年はもっと期待できるかな?

メリット② AIによる出題予測が優秀

資格スクエアは、人工知能(AI)が試験問題を予測する最先端の技術「未来問」を導入しています。

未来問は、AIに過去試験データを入力し、過去の傾向から本年度の試験内容を予測させるシステムです。

これまで講師が人力で行ってきた予測をAIが取って代わるという画期的なもので、予備校を含む各業界で話題になっています。

これまでのカテゴリー的中率の実績は次のとおりです。

  • 宅建試験:的中率78%
  • 予備試験:的中率60%
  • 社労士試験:的中率67.1%
受験生

すごい的中率だね。

的中率67.1%というのは社労士試験の合格ラインを超えており、十分に実践的だということができます。

もちろんプロ講師による予測の精度も相当なレベルですが、未来問は囲碁や将棋のAIのように蓄積が増えるほど精度が増していきます。

そのため、いずれは講師を上回る制度の予測が可能になると言われています。

資格スクエアの基礎講座は319時間、記述対策講座は35時間、直前対策講座は6時間です。

れみ

大手未来問はあくまで想定問題なので、的中率が合格ラインを下回る可能性もあるから注意だよ。

社労士試験の未来問は択一問題に限られます。選択式は含まれていないので注意してください。

メリット③ 逆算プランになって教材が充実

資格スクエアの社労士講座には、下記のような講義中に役立つサポート機能がたくさん搭載されています。

  • スケジューリング
  • 問題演習アプリ
  • 学習進捗・ランキング機能
  • オンラインレジュメ
  • マイレジュメ
  • メモ
  • 質問機能

マイレジュメや質問機能を効果的に利用すれば、効率的に知識を吸収できます。

また、講義中に気になったことをその場でオンライレジュメの質問機能から質問するができます。

分からない箇所をすぐに質問できるので、講義での疑問点をすぐに解消でき他の受験生の過去の質問も閲覧できるので質問する手間が省けます。

れみ

私はオンラインレジュメを活用して自分のノートつくってるよ。詳しくは受験記を。

予備試験講座などにはオンライン質問機能やマイレジュメなど他にもメモを付け加えたり、赤線を引いたりなどの編集が可能。作った資料は保存でき、いつでも見直すことができます。

またWEB上で勉強が完結できるので、PCやタブレットでいつでも自分のノートを持ち歩くことができるのです。

受験生

机に迎えないときはスマホの択一アプリでアウトプットができるしね。

また資格スクエアの20年までの社労士講座にはオリジナルのテキストや問題集がなく、「うかる! 社労士 テキスト&問題集」という市販のテキストを教材としていましたが、逆算プランになってオリジナルテキストが付属するように改善しました。

資格スクエア 社労士講座 デメリット

次にあえて言うなら資格スクエアのここが足りないと思う点をあげていきますね。

デメリットはこの3点です。

  • 値段が高め
  • 講義時間が短い
  • 音声ダウンロードが有料

順番に見ていきましょう。

デメリット① 値段が高め

もともとコスパが良いのが売りだった資格スクエアですが21年からカリキュラム変更があり値段も上がってしまいました。

予備校名税込価格その他特典キャンペーン期限
TAC123,000~224,000円 +入会金10,000円  
アガルート184,800~239,800円合格時全額返金・お祝い金3万円30%オフ4月25日
フォーサイト113,960~167,860円不合格時全額返金最大42,800円割引き不明
資格スクエア107,800~206,800円合格時10万円返金オンライン説明会参加者に特典あり 
LEC159,250~285,000円ポイント5%還元最大50,000円割引き1月末
スタディング60,500~82,500円合格お祝い金1万円クーポン取得方法はこちら 

それでも社労士講座としては比較的安い方ですが、資格スクエアにはアガルートやフォーサイトのように大幅に値下げをするキャンペーンはないのでオンラインの講座としてはお得感は減ってしまいました。

れみ

20年にはなかった合格実績も蓄積されてきたためか、値上げ傾向にあるよね。

オリジナルテキストやサポート機能というコストのかかる部分で大幅に2021年版は改善が見られるため、やむを得ないとも言えますね。

デメリット② 講義時間が短い

資格スクエアの社労士講座の講義時間は、基礎講義、過去問講座、直前対策講座まで入れてトータルで140時間程度です。

予備校名代表講座名税込価格講義時間数オリジナルテキスト質問模試時間別単価
TAC2021年合格目標 総合本科生224,000円約220時間1,018円
アガルート【初学者向け】入門総合カリキュラム162,800円約278時間Facebookから585円
フォーサイト社会保険労務士バリューセット3
2021年度試験対策
131,560円約110時間15回1,196円
資格スクエア【2021年向け】逆算プラン173,800円約140時間市販のもの未来問付き1,241円
LEC2021年合格目標 合格コース225,000円約250時間900円
スタディング社労士総合コース[2021年合格目標]82,500円約139時間オンライン版のみ×593円
悩んでる人

大手予備校のTACは225時間、LECは250~270時間くらいあることを考えるとかなり少ないかな。

ただし、オンライン予備校や通信講座と比べると、アガルートよりは短いですが他の講座よりは長いです。

つまり、「講義時間が短い」という口コミは大手予備校と比べた場合の評価と言えます。

そもそも資格スクエアは効率化に特化したカリキュラムを組んでおり、「講義時間が短い=質が低い」とは言えませんが、かなり最低限に絞られているのでしっかりと網羅したい人にとっては物足りないでしょう。

デメリット③ 音声ダウンロードが有料

先程もでてきましたが、資格スクエアの教材は講義をオフラインにダウンロードする機能がついていません。

講義には通常8月末までの試験が終わるまでの視聴期限があるので、万が一今年不合格になってしまうと来年は講義を継続して聴くことができなくなってしまいます。

悩んでる人

音声ダウンロードしておかないと、来年も講座を購入するはめになってお財布に優しくないね。

アガルートやフォーサイトでは音声ダウンロードは無料でついてくるので、資格スクエアは課金が必要になるのでその点はデメリットです。

ただし先程も書いたように、オンライン説明会に事前に参加すると音声ダウンロードを特典として無料でもらうことができるので、ぜひ忘れずに購入する前に参加してみてください。

めんどくさい人は購入前にオンライン相談やラインで相談してみてもくれそうな気がします。(私のときはもらえました)

資格スクエアの社労士講座の口コミ・評判は? まとめ

いかがでしたでしょうか?

資格スクエアは初学者にもわかりやすい講義で効率的な合格への最短ルートを指南してくる予備校です。

初めて司法書士を受験する人や働きながら目指す人にとってはとてもいい選択だと思います。

もう一度、メリット・デメリットをまとめておきます。

  1. 合格実績が上がった
  2. AIによる出題予測が優秀
  3. 逆算プランになって教材が充実
  • 値段が高め
  • 講義時間が短い
  • 音声ダウンロードが有料

最近は予備校事情も一気に変わり、資格試験受験も通学型がメインだった時代から、オンライン化に変わろうとしていますよね。

オンライン予備校を使って気軽に家でも勉強ができる時代はとてもありがたいですよね。

外出を控えたいこの時期にがっつり家でスキルアップするのも手かもしれないですね。

\ オンライン説明会出席で特典ゲット/

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

ABOUT US

30代社会人の難関資格マニア。
東大・ロンドンビジネススクールMBA卒。
国家総合職(国家公務員試験)上位合格者。
現在、司法試験予備試験受験生でメインは資格スクエア、サブでアガルートを受講中。
大手予備校、独学、浪人、オンライン予備校すべて経験あり。

コメント

コメントする

目次
閉じる