社労士(社会保険労務士)予備校・通信講座6社を比較【2021年向け】

社労士

社労士にはどのくらいの勉強すれば合格できる?

おすすめの予備校ってどこ?

社労士(社会保険労務士)試験は最低500時間、独学では800~1000時間が合格までの目安時間と言われています。

 

年に1回しかない試験。一発合格狙いたいなら、しっかり対策たてたいものですね。

 

合格率は2019年度は約6.6%で、ここ数年はだいたい6%台と落ち着いています。

参考:TAC

 

6.6%か。宅建の17%や行政書士11.5%に比べるとかなり下がるな・・。

社労士試験は難関資格である上に、全8科目と勉強科目が多く、基準点という関門があるため合格率が低いの。

つまりしっかり予備校で対策をする必要あり!

社労士(社会保険労務士)受験は早い人であれば受験期間が約6ヶ月間から目指すことができます。

ですが、通常は合格までに1年くらいは準備期間が欲しい難関資格です。

 

ゆとりをもって始めるに例年の試験は8月の第4週なので、前年の9月くらいから勉強スタートが最適!

合格には自分に合った予備校選びがかかせませんね。

そこで、社労士受験生がよく使っている人気予備校6社を比較してみました。

この記事に向いている人

  • 社労士(社会保険労務士)の予備校選びに悩んでいる人
  • 自分に合った予備校が知りたい人

書いてる人

国家総合職・MBAなどいろんな難関資格に挑戦してきた難関資格マニア。

法学資格全般に興味を持ちつつ、今は予備試験受験生。

メインは資格スクエア6期、サブでアガル-トにもお世話になっています。

社労士(社会保険労務士)予備校・通信講座6社を比較

今回比較の対象とした予備校は下記です。

特徴の異なる6社を選びました。

 

法律系老舗の有名どころ、TAC・LEC

加え、新興オンライン予備校で近年人気急上昇中のアガルート・資格スクエア

通信講座で低コストが魅力の通信講座フォーサイトスタディングの6社を対象にしました。

社労士(社会保険労務士)に関しては、その他ユーキャンクレアール資格スクール大栄資格の大原などまだたくさんありますが、ここでは大手とオンラインの代表的な予備校を4社と通信講座の2社のみピックアップして比較しています。

 

その他の予備校については別途見ていきたいと思います。

 

では早速、それぞれの予備校について簡単に概要から見ていきましょう。

 

社労士(社会保険労務士) 予備校・通信講座① TAC

   

  • 講座の価格が高い。
  • 有名講師の良さで有名で、講師人数の多い。
  • 社労士合格者の5.6人に1人がTAC生と実績は一番。
  • 通学と通信両方対応可能だが、通信講座は通常講義の録画のため見にくい。

国家総合職でTACにお世話になったなあ。サポート体制がしっかりしていてよかったけど、もちろん社労士の実績も強い。

また日本全国主要都市にどこでも校舎があるのは強いですよね。

\合格者実績ナンバーワン!/

社労士(社会保険労務士) 予備校・通信講座② アガルート

  アガルートアカデミー

  • 薄くて高品質なテキストにはファンも多い。
  • 講師は元大手予備校なので講義も定評あり。
  • キャンペーン中や割引きを使うと一気にお値打ち価格に。
  • オンライン予備校ながら対面のサポートもあるコースが魅力的。

ぱっと見お値段が高く見えるけど、キャンペーン中に購入できるとコスパ最強なのは実はアガルート

薄いのに内容の詰まったテキストにはファンも多い!

また、アガルートには対面デサポートしてもらえるラウンジオプションがあります。

コストを抑えつつ個別対応もしてほしい受験生にとってはアガルートも魅力的です。

 

アガル-トの講座をさらに安く購入する方法についてはこちらでまとめています。

\高品質テキストと言えば!/

社労士(社会保険労務士) 予備校・通信講座③ フォーサイト

 

  • 記述式対策に強くサポート体制も充実
  • 大手に比べると料金・価格がリーズナブル
  • 司法書士、土地家屋調査士に強く司法書士合格の実績も十分。
  • 公式サイトが古く、広告もそんなにしていないため知名度がやや劣る

通信講座ながら利用者も多く、社労士の実績もなかなか強い!

\実績とコスパを兼ね備えた/

社労士(社会保険労務士) 予備校・通信講座④ 資格スクエア

     

 

  • コスパよしの新興オンライン予備校
  • オンラインの機能性は業界一だが、個別サポートは薄め
  • 有名講師を大手予備校から引き抜いてきていることもあり、講座の質がよい。
  • 2013年の設立からまだ数年であるが、受講者数、合格実績を着実に伸ばしている。

無駄を徹底的に省いて作り込まれたカリキュラムが時間のない人に最適!

カリキュラム自体もすべて網羅的に学ぶというよりは合格するための最短ルートを辿るという方針ですから、忙しい社会人向けと言えます。

資格スクエアでは講座購入の際に使える割引き・クーポンをもらえる可能性があります。

クーポンの取得方法についてはこちらをご覧ください。

\コスパよく合格への最短ルート/

社労士(社会保険労務士) 予備校・通信講座⑤ LEC

  LEC社名ロゴ

● 社労士よりもどちらかというと司法書士、行政書士に強い予備校。

● 単発講座の種類が多く、自分の好きな講師や講座のカスタマイズがしやすい。

● 講師全体の質ではややTACより劣るものの、大手の強みでもある講師数は十分

● 教材の良質さは一番。また模試問題に定評があり、独学でもLEC教材に頼る人多数。

LECって名前を聞くだけで安心するよね

実績や講師のノウハウがあるので安定感あり。

また日本全国主要都市にどこでも校舎があるのは強いですよね。

\やっぱり老舗の安心感/

社労士(社会保険労務士) 予備校・通信講座⑥ STUDYing(スタディング)

 

社会保険労務士

● 激安予備校として有名

● 30分1コマのオンライン講座でスマホ1つで開始できる。

● ただし質問回答サービスはないので、ほぼ独学スタイルとなる。

● 資格勉強をおためしで開始してみるには気軽に始められるサービスになっている。

激安予備校として有名だけど、社労士講座に関してはそこまでのお得感はないかも?

スタディングのクーポン入手方法についてはこちらをご覧ください。

\社労士予備校史上最安値!/

社労士(社会保険労務士)予備校・通信講座 比較ポイント① 価格

では早速各社の社労士のコースの値段を見ていきましょう。

予備校によっては初学者向けと経験者向けどちら向けのコースも取り揃えていますが、初学者向け講座を比較しています。

税込価格

その他特典

キャンペーン

期限

TAC

123,000~224,000円

+入会金10,000円

最大51,000円割引

12月27日

アガルート

184,800~239,800円

合格時全額返金・お祝い金3万円

90,000円割引

12月末

フォーサイト

113,960~167,860円

不合格時全額返金

最大42,800円割引

不明

資格スクエア

65,780~110,000円

合格時10万円返金・模試代負担

直前講座のみ40%オフ

不明

LEC

159,250~285,000円

ポイント5%還元

30%オフ・15,000円割引

9月末

スタディング

60,500~82,500円

合格お祝い金1万円

10,000円割引

8月末

※上記は社労士試験対策のパックのコースが対象。単発のコースは入れていません。

※すべて税込価格で比較しています。(公式ページは税抜価格であることも多いので注意してください。)

 

一番安いのはスタディングです。

 

ただ、予備試験や司法書士などのその他法律系資格ではスタディングが圧倒的安さだったので、社労士試験についてはフォーサイトや資格スクエアのコスパもなかなか見逃せません

 

フォーサイトの場合は20年8月現在キャンペーン中で実質税込83,380円から基礎と過去問演習のコースがあります。

実はアガルートも20年12月まではキャンペーンで実質94,800円~。さらに合格すれば実質無料なだけでなく+3万円得するという太っ腹!

一方で、大手予備校のTAC、LECは強気のお値段ですね!

 

この2社に関しては、衛生で視聴するWEB講座の場合は通常料金より少し安くなるので価格に幅があります。

TACについては入会金1万円も必要になってくるので、このあたりの特典はその他オンライン予備校や通信講座と比べると費用面ではネックになりそうです。

 

★5つ段階で評価するとこんな感じでしょうか。

TAC             ★

アガルート   ★★★★

フォーサイト  ★★★★

資格スクエア  ★★★★★

LEC                ★

スタディング  ★★★★★

では実際の中身はどうなのでしょうか。

講師・質・実績の順番で見ていきたいと思います。

社労士(社会保険労務士)予備校・通信講座 比較ポイント② 講師数

すべての講師数でみると、社労士以外の授業を担当している講師も含まれるので、今回は各予備校の紹介などで表に出ている看板講師の数のみで比較します。

 

講座担当講師数

代表講師

TAC

6名~多数

岡根・宮島

アガルート

約2名~

大河内・竹田

フォーサイト

約2名~

加藤・二神

資格スクエア

約1名~2名

田口

LEC

約5名~多数

澤井・工藤

スタディング

約1名~

早苗

※敬称略・オフィシャルHPの講師紹介参照

やはり大手のTAC、LECは講師のそろえ方が群を抜いていますね。

ここは口コミベースだけど、TACの講師の方が受講生からの評判のよかったよ。特に岡根先生と宮島先生は人気だよね。

とはいえ、LECの先生も大きなハズレは少なく、何より人数が多いので選択肢は広そうです。

 

アガルートの大河内先生はTAC、LECでも経験がありキャリア20年以上のベテランです。

 

資格スクエアの田口先生はSNSなどやっていないので情報が少なめですが、自身は4ヶ月で社労士に合格しており大手予備校で14年のキャリアがあります。

 

フォーサイトの加藤先生は可もなく不可もなく、クセのない授業ではきはきした話し方には定評があります。

 

スタディングの早苗先生も辰巳法律研究所での実績があります。

 

講師数と有名講師の揃え方で主観で評価しました。

口コミの少なかった資格スクエアとスタディングは★2つとしました。

TAC                 ★★★★★

アガルート      ★★★

フォーサイト   ★★★

資格スクエア   ★★

LEC                 ★★★★

スタディング   ★

社労士(社会保険労務士)予備校・通信講座 比較ポイント③ 質

内容・質は最も重要なポイントですよね!

 

ここでは、講義の内容と口コミの2つのポイントから予備校講座の質を見ていきましょう。

 

社労士予備校・通信講座 講義の内容

ここでは、代表的なコースを取り上げて講義時間などを比較してみました。

 

講座名

税込価格

講義時間数

オリジナルテキスト

質問

模試

時間別単価

TAC

2021年合格目標 総合本科生

224,000円

約220

時間

1,018円

アガルート

【初学者向け】入門総合カリキュラム

162,800円

約278

時間

Facebook

から

585円

フォーサイト

社会保険労務士バリューセット3

2021年度試験対策

131,560円

約110

時間

15回

1,196円

資格スクエア

【2021年向け】社労士合格パック

(フルプラン)

82,280円

約140

時間

市販のもの

未来問

付き

587円

LEC

2021年合格目標 合格コース

225,000円

約250

時間

900円

スタディング

社労士総合コース[2021年合格目標]

82,500円

約139

時間

オンライン版

のみ

×

593円

※講義時間数は20年8月時点で公式HPに掲載のある時間です。(記載のないところは問い合わせから)

※時間別単価はHPに掲載掲載情報を元に独自で追記していますので参考程度にしてください。

 

TACとLECについては高いですが、授業時間も他の予備校よりもボリュームがあります。

TACについては、勉強時間が必要になるので生徒の授業離脱率も高いようです。

22万円も払って授業に来なくなるのはもったいない。。

TACは講師、LECは教材に強いイメージ!

講座は高いけど模試だけをこの2社いずれかで受けるというのはかなりアリ!

フォーサイトは割引価格の講座を選べば値段は安いですが、講義時間を見ると内容がこれでは足りないのでは?感じます。

また実際のユーザーの意見でもフォーサイトだけでは足りないのでは不安という声もありました。

その点講義時間も十分あり、キャンペーン価格であれば10万円を切るアガルートのコスパ最強説。

資格スクエアはテキストが市販のものと同じである点だけ少し残念だが、値段・内容という点ではバランスのよい教材といえます。

スタディングは紙のテキストは付属でないので、紙に書き込みたい場合は自分でPDFテキストを印刷する必要あり非現実的。。

ただしスタディングは製本のテキストはないので、紙テキストに書き込みたい方には不向きです。

では、実際の口コミを見ていきましょうか。

社労士予備校・通信講座 講義の口コミ

ここでは、実際に社労士講座を受講した方の意見を引用しました。

留意していただきたいのは、いずれにしてもケース1の個人的意見であるため口コミに矛盾があります。

これだけを鵜呑みはNGですよ。

口コミ

TAC

・王道の学習カリキュラムで実績No.1

・答練がポイントごとに出題傾向を示してくれ素晴らしい

・岡根先生、宮島先生は疑問に感じるポイントを適格に指摘してくれる

・コストパフォーマンスはイマイチ

・通信の場合は通学講義の録画動画になるので見にくい

・学習量が他の予備校に比べるとガッツリなので脱落者が多い

アガルート

 

・講義の内容に比べてコストパフォーマンスが高い

・テキストが薄いながらもわかりやすくハイレベル

・自習室やマネジメントのサポート制度の活用すれば、学習相談やカリキュラム管理も充実している

・キャンペーン中に購入できないと講座の値段が高い

・質問がFBグループ経由なので人によっては質問しにくい

・紙テキストありきなので、手で書くスタイルが合わない人には向かない

フォーサイト

・簗瀬先生の指導力が秀逸

・高い合格率ながら、大手と比較して安価

・CD,DVD講義があり、移動中などに耳だけでも学習できる

・会場で受けられる模試がない

・質問回数が15回までと制限あり

・教材が届くまでに人によっては時間がかかる

資格スクエア

・お値段が手頃

・AIで出題予想した模試、未来問本試的中率64.3%(2018年)

・WEB択一試験対策問題が効率的に学習できるようになっている。

・会場での模試がない

・予備試験、司法書士などに比べると内容が薄め

・細かい学習指導などないため、自分で学習できない人には不向き

LEC

・模試の本試的中率が高い

・教材の質、内容ともに秀逸

・スマホ教材などのWEBサポートの充実

・講座の種類が多すぎる

・コストパフォーマンスはイマイチ

・TACの方が講師陣の質は良さそう

スタディング

・記述問題の添削ができる

・反復学習に適したツールが充実

・スマホのみで学習が完結するため、スキマ時間で勉強できる

・質問ができない

・講義時間がやや短すぎる気が

・サポート体制は手薄なので、ほぼ独学になる

いかがでしたでしょうか?

口コミはどこの予備校も賛否両論あるものですが、まとめるとこんなところでしょうか。

 

TAC                  ★★★★★

アガルート      ★★★★

フォーサイト       ★★★★

資格スクエア       ★★★

LEC                     ★★★★

スタディング     ★★

社労士(社会保険労務士)予備校・通信講座 比較ポイント④ 実績

社労士の2019年平均合格率が6.6%程度という難関資格です。

 

だからこそ、実際の合格実績はどうなのか気になりますよね?

実績

TAC

2019年445名合格

合格者の約5.6人に1人がTAC生

アガルート

合格率は全国平均の3.15倍

フォーサイト

合格率は全国平均の3.59倍

資格スクエア

非公開

LEC

非公開

スタディング

非公開

※オフィシャルHPの合格者の声参照

 

実績で言うとTACが一番です。

 

お値段が同じくらいのLECですが、実は社労士に関しては実績は非公開でした。

 

フォーサイトとアガル-トについては合格率を公開しています。

全国平均の〇〇倍・・ってつまり?

19年度の平均は6.6%でしたのでつまり、どちらも5人に1名以上が合格しているということですね。

2019年社労士合格率     6.60%

フォーサイト         23.70%

アガル-ト          20.79%

なかなかいい数字ですね!

 

一方で、資格スクエアとスタディングは残念ながら合格者実績は非公開です。

だとしてもアガル-トでは合格率の開示はあるので、まだまだ社労士講座については実績不足と言えそうですね。

 

資格スクエアもスタディングも社労士講座は導入してまだ年数が浅いので実績がほしいため、値段設定が安くしているかもしれません。

つまり合格実績がある程度ついてきたら、値段は上がる可能性もあるということか。。

これはあくまで予想ですが、内容を考えるとこのコスパは実績なしの所以と言えそうですね。

よってオンライン予備校の2社については判断不可で★1つにしました。

TAC                   ★★★★★

アガルート         ★

フォーサイト    ★★★★

資格スクエア      ★

LEC                    ★★★

スタディング      ★

 

社労士(社会保険労務士) 予備校・通信講座 6社比較 まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

社労士には他にもユーキャンクレアール資格スクール大栄資格の大原などの大手予備校もたくさんの選択肢があります。

 

今回はその中で人気が高く、実績・コスパにおいてそれぞれ優れている6社を紹介しました。

それぞれ違った良さがあるので向いている人を見ていきましょう。

向いている人

時間とお金に余裕があり司法書士受験に集中できる人 :TACLEC

コスパと実績の両方ほしい人:アガルートフォーサイト

働きながらスキマ時間で効率よく資格習得したい人:資格スクエア

予備校費用がネックになっている人:スタディング

実績、講座のカバー範囲はやはりTACが社労士合格への王道です。

ですが、万人受けする予備校というのはないのでその人に合った予備校を選ぶことが合格への近道になります。

同じ予備校とはいえ、やはり強い講座というのは違うので「社労士試験」に本当に強い予備校を選ぶ必要があるよね。

人によっても講師や予備校との相性は違ってくると思うので、自分に合った予備校選びの一助となれば幸いです。

\実績とコスパを兼ね備えた/