【合格者が比較】危険物乙4おすすめの通信講座・予備校【2021年最新版】

悩んでる人

危険物乙4の通信講座を使うならおすすめの学校は?

危険物取扱者乙種4類” 通称“乙4”。

ガソリンやアルコール類など引火性の液体が扱える資格で、ガソリンスタンドや化粧品、薬品、塗料、半導体など石油系・化学系メーカーで広く需要があり、隠れた人気のある資格です。

この記事に向いている人
  • 危険物乙4の通信講座を知りたい人
  • おすすめの危険物乙4の通信講座・予備校を比較したい人

他の乙種に比べ、乙4を必須・優遇した企業も多く、正規雇用はもちろん、ダブルワーカーや主婦など幅広く利用される資格です。

また、乙種は、1~6類すべてにおいて「法令」「基礎化学・物理」「性質・消化」の3科目あるのですが、類ごとの違いは「性質・消化」のみのため、どれか1つでも合格すれば、他の類を受ける際に「法令」「基礎化学・物理」は免除されます。

さらに、受験資格が制限される甲種においても、乙種を保有していれば受験資格を満たすため、乙種の中でも需要の高い乙4は危険物取扱者の入り口とみられ人気が高い要因となっております。

れみ

より難易度の高い甲種の権限は1~6類すべてを取った権限と同じなため、何か1つ乙種を取ったあとに甲種を取るよりも、他の乙種を全部取ったほうがはるかに簡単だね。

そんな訳で、乙4は例年20万人以上が受験する人気資格であるのです。

一方で、合格率は30~40%と難易度が高い資格でもあります。参考:一般財団法人消防試験研究センター

\ 総合的に一番おすすめ/

この記事を書いた人

YAMAJI:独学で 「危険物取扱者乙4」 を目指し、一発合格。「危険物取扱者乙4」資格取得済み。

目次

危険物乙4は独学でとれるのか?【独学合格者の体験談】

21年に危険物取扱乙4を取得

危険物乙4は独学でとれます

YAMAJIさん

現に独学で合格しました!でも実際には結構苦労しましたし、周りでも簡単に取れたと言った人には出会っていないかもしれません。

実務をするうえで、多くの資格保有者に会ってきましたが、みな、口をそろえて言うのは、「化学・物理がつらかった」、「法令が大変」、「何回も落ちた」、「やる気が続かなかった」、というネガティブな意見でした。

私の場合は、大学1年の夏休みに知人から勧められ、独学で取れました。しかし、振り返ってみるとさまざまな幸運で取れたのだと思います。具体的には、

  • 勉強すること自体に慣れていた
  • 2か月近い夏休みを利用できたこと
  • 大学受験で基礎的な化学・物理の知識があったこと
  • 乙4保有者である知人のサポートや助言を受けられたこと

これらが大きなアドバンテージとなり、何とか合格できましたが、一つでも欠けていたら一発合格はできなかったと思います。

実際に、アドバンテージがあっても覚えることはたくさんあり、出題のされ方やひっかけ問題のパターン、捨て問の見分け方など、効率の悪く、ずいぶん遠回りして覚えたように思います。

YAMAJIさん

法令においても、覚える量が非常に多いためなかなか点に結びつかず、「勉強の仕方はあっているのだろうか」、「このテキストで良いのだろうか」など不安は尽きませんでした。

その不安は受験会場まで続き、平常心で試験を受けることや冷静な判断を下すことに大きな妨げとなり、私を苦しめた記憶があります。

以上の経験に加えて、通信講座を利用したほうが良いと思う理由は以下です。

  1. テキストの種類が多いので自分で選ぶのは困難
  2. サポートが欲しい

独学ポイント① テキストの選び方

本屋に行くとわかりますが、種類は非常に多いです。受験3科目網羅しているものや、それぞれ別個のもの、設問だけのものや、用語だけのもの、暗記用のもの…。

独学用であったり、苦手科目や弱点の補助用であったりとさまざまな人のニーズに合わせて作られているため、自分に合ったものを見極めなければなりません。

受験生

初心者が自分に合っているものを見極めるのは困難ですね。

なかには、表やグラフを用いず、重要箇所の強弱も付けずに、ただ、情報を羅列したものや、良問・悪問が織り交ざった問題集など、ある程度知見がないと見極められないものもあります。

ちなみに、私が使ったテキストは「チャレンジライセンス新訂版」です。

独学ポイント② サポート面

乙4は勉強する順序が重要で、下記が理想的に思われます。

基礎化学・物理→性質・消化→法令の順

YAMAJI

経験上、「そういうもんか…」から「そりゃ、そうだよね」というように、覚えたことが予備知識となり、次を覚える手助けとなることが多いからです。

また、アウトプットでは、「どこができないか」だけでなく「どのように出題されるか」も大いに大切で、出題の傾向や間違える傾向に詳しい講師やスタッフのサポートは心強いものがあります。

さらには、法令は難しい言葉や言い回しで書かれているため、うまく解釈・要約して理解しないと丸暗記といった効率の悪い勉強に陥る恐れもあります。

れみ

現に、落ちた人の話で、勉強する順番を間違えたという人やわからなくてやる気が失せたなんて言う人は珍しくありませんよね。

以上の点で、この分野に精通した講師陣を擁する通信講座や作りこまれたテキストを利用することが、一番の近道ではないかと思います。

では、どんな通信講座があり、それぞれどんな特徴があるのか資格スクール有名5社を以下にまとめようと思います。

危険物乙4おすすめの通信講座・予備校比較

今回比較の対象とした予備校は下記5社です。

業界最安値とコストが魅力のスタディング

あらゆる講座で実績が高いフォーサイト

幅広いジャンルを取り扱う通信講座ユーキャン

大手ヒューマンアカデミーが運営する通信講座たのまな

大手予備校のTACを対象にしました。

  1. スタディング
  2. フォーサイト
  3. ユーキャン
  4. たのまな
  5. TAC

では早速、それぞれの予備校について簡単に概要から見ていきましょう。

危険物乙4 通信講座・予備校① スタディング備校・通信講座① 資格の大原

業界最安値と呼び声高く、「あなたにはその資格がある」というキャッチコピーの「スタディング」。

  • 対応は乙4講座のみ
  • 独学並みの驚異の安さ
  • たっぷり10年分「合格模試」
  • 紙テキストはなく、WEB版のみ
  • スキマ時間をフル活用可能なツールが充実

まず注目すべきは、完全WEB対応により受講料が驚くべき安さであることです。

ビデオと連動したWEBテキストをはじめ、スマホで苦手分野などチェックできるスマート問題集やスキマ時間で着実に覚える法令暗記ツールなどが充実しています。

スタディングには模試がついていないことも多いですが、危険物乙4講座については本試験さながらの分析された合格模試が10年分付属されています。

その他、質問はできませんが、進捗状況やスケジュール管理などさまざまなサポートシステムがあるので自分で管理できる人にはもってこいです。

残念な点は、講座が危険物は乙4のみであること、紙媒体のテキストがないこと、スマホやパソコン等の扱いに不慣れな方にはおすすめしません。

\圧倒的コスパが魅力 /

危険物乙4 通信講座・予備校② フォーサイト備校・通信講座① 資格の大原

危険物取扱者だけでなく他の資格でも圧倒的な実績を出しているわかりやすさ・便利さで定評のある「フォーサイト」。

  • コスパ最強
  • 見やすい講義動画
  • テキスト連動の過去問題集
  • スマホでのスキマ時間勉強に最適
  • お悩み解決24時間対応の質問・相談サービス

受講料はかなり安いです。

紙媒体のフルカラーテキスト3冊と問題集を3冊が支給されます。

講義動画も単に録画したものでなく、専用スタジオで撮影するなど質にこだわったものなので動画講義が見にくいということがありません。

過去問題集も単元ごとに整理され、レベルや目安時間も設けられています。

また、フォーサイト名物の「ManaBun」という管理システムもあり、自分の生活スタイルを入力することで自動的に勉強可能時間などが算出され、細やかで最適な学習スケジュールの提案や修正などを受けられます。

れみ

通信講座だけどサポートも充実でモチベーション維持も安心。

残念な点は、講座が危険物は乙4のみであること、また、合格レベル以上の知識を身につけたい方にはおすすめしません。

\ 総合的に最もおすすめ /

危険物乙4 通信講座・予備校③ ユーキャン備校・通信講座① 資格の大原

次は、業界最大手と呼び声も高い「ユーキャン」について、その特徴をまとめました。

  • 値段は高い
  • 甲・乙・丙種すべてに対応
  • 本格的な添削指導と質問対応
  • 予備知識いらずの充実した副教材
  • 添削付きの本番さながらの予想模擬試験

受講料は他と比べてかなり高いです。しかし、充実した質の高い教材や手厚いサポート体制を考えると、納得のゆく料金に思います。でなければ30年の実績は積めないはずです。

3冊のメインテキストをはじめ、副教材として基礎中の基礎を学べる「ビギナーズ物理・化学」、携帯に便利な「ゴロおぼえ手帳」、全5回(内2回は模試添削)の添削関係書類が揃っています。

受験生

物理・化学がまったく自信のない方にも安心だね。

なかでも、豊富な講師陣による丁寧かつ的確な添削指導は評判が良く、自分では気付けなかった弱点や傾向をとらえたプロの視点での意見などをもらえ、些細な質問にも柔軟に対応するなどといった、まさにいたせりつくせりの講座と言えます。

また、より就職に有利な甲種にも対応しており、乙4を取った後にもつながります。

残念な点は、やはり少し高めな受講料、物理・化学の知識がある方、スマホやパソコン等のオンライン学習がしたい方には不向きかと思われます。

\ 実績30年の老舗校 /

危険物乙4 通信講座・予備校④ たのまな・通信講座① 資格の大原

続いて、あらゆるサイトで評判が上位の「たのまな」について特徴です。

  • 甲種にも対応
  • 動画講義はない
  • 独自のカリキュラムで牽引力抜群
  • 模試問題集・添削付き提出レポートあり

名前のわりに兄貴肌、そんな印象を抱く「たのまな」。他の資格スクールは受講者に合わせる指導方針・カリキュラムが主流でしたが、一方で「たのまな」は引っ張る、着いてこいといった内容。

具体的には、下記のカリキュラムを4セット(4か月分)繰り返すといった設計です。

1ヶ月のスケジュール: 週1日×4時間×4週間=16時間 ➡ レポート課題を提出

レポートに対する質の高い添削も評判が良く、弱点を明確にすることで効率の良い勉強へとつながります。

自分で学習計画を立てるなど、高い自主性が求められる他のスクールとは違い、余計なことは考えずに与えられたものをこなさせる牽引力の強いスクールとなっております。

残念な点は、多忙な人であったり、確保できる時間が細切れな人、バラつきがある人には不向きかも知れません。また、動画の授業もないため、高品質の独学といった印象となります。

\ 牽引力の強さが魅力 /

危険物乙4 通信講座・予備校⑤ TAC校・通信講座① 資格の大原

最後に、全国広く校舎を展開し、Z会と提携している「TAC」について特徴をまとめました。

  • 対応は乙4のみ
  • 圧倒的な問題量でアウトプットが多い
  • 危険物取扱者の講座についてはZ会が提供
  • テキストはオリジナルではなく市販の教材になる

WEB通信講座(¥9,000)とDVD通信講座(¥12,000)の他にビデオブース講座(¥9,000)という通学講座も取り揃えており、学校へ足を運ぶことでモチベーションが上がるなんて人にも対応しているのが特徴です。

ビデオ視聴になるがこの中で唯一、通学がある予備校です。

圧倒的なアウトプット量を掲げ、用意された設問数は合計800問オーバー。すべてをこなせば初めて見る問題なんて無いのではないでしょうか?

1コマ30分の全11回の授業は、まとまった時間が用意できない人にも向いていると思われます。また、質問に対するサポートも充実しております。

残念な点は、ここも危険物乙4のみの対応である点。また、アウトプットに頼って合格した場合、本当の意味での理解が疑わしく、汎用性にも乏しいのではないかという恐れも考えられます。

\新規講座オープン/

危険物乙4 おすすめ通信講座・予備校 比較ポイント① 価格

では早速各社の危険物乙4講座のコースの値段を見ていきましょう。

スクロールできます
予備校名税込価格その他特記事項キャンペーンなど
スタディング4,950円 合格者にお祝いギフト券1,000円分贈呈秋のキャンペーン1,100off(10月31日まで)
フォーサイト10,800円 合格者にAmazonギフトコード最大1,000円分贈呈
送料は概ね730~900円
北海道は1,900円
沖縄は2,300円
ユーキャン39,000円一般教育訓練給付制度の利用で最大20%が支給
たのまな15,400円継続割引サポート
お友達・ご家族紹介割引サポートなど
TAC9,000~12,000円
※上記はすべて税込価格。

調べた結果、入会金はどこもかかりませんでした。また、キャンペーンなど期間や条件が定められているものもあるので、ご注意ください。

一番お値打ちなのはスタディングです。ここにテキスト代、送料なども含まれるのでこれ以上に必要な費用はありません。

逆に、一番お高いのはユーキャンです。充実したサポート体制のため人件費がかかるようです。ですが、一般教育訓練給付制度を最大限に活用できれば実質31,000円程度で受けられます。

フォーサイトは送料が別途でかかるので注意してください。金額は住む場所によって変わります。詳しくはHPを参照ください。

スタディング
フォーサイト
ユーキャン
たのまな   
TAC       

では実際の中身はどうなのか、講師・質・実績の順番で見ていきたいと思います。

危険物乙4おすすめ通信講座・予備校 比較ポイント② 講師

今回は各予備校の紹介などで講座担当講師として紹介されている数のみで比較します。講義を担当する講師以外にも教材の企画作成に関わる講師は何名か別にいらっしゃる予備校も多いです。

スクロールできます
予備校名講師数代表講師
スタディング1名匠 習作
フォーサイト1名姥谷 達徳
ユーキャン記載なし不明
たのまな1名浅原 昭生
TAC1名髙橋 豪
※敬称略・オフィシャルHPの講師紹介参照

スタディングの匠先生は、技術士の講師と兼任で、そちらでの評判が多く、危険物の講師としての評判はまだ少ないようでした。少ないながらも感謝の声も見られました。

フォーサイトの姥谷先生は、残念ながら口コミは見つけられませんでした。しかし、挨拶や危険物関連の動画がYouTubeに上がっているので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

ユーキャンは、映像の講義がないため、講師情報はHP上にはありませんでした。ただし、添削や質問のサポートがあり、スタッフや講師は存在しているようです。また、サポートが丁寧という口コミも多く見られました。

たのまなも、映像の講義がないため、特定の講師の評判は見られませんでした。しかし、添削や質問の回答の評判は良いものが多くみられました。一方で、レスポンスが遅いとの厳しい声も見られました。

TACは危険物講座が開設して間もないため、講師の評判等の口コミは見られませんでした。TACの他の講座と比べると規模は小さく、講師陣は少なめです。

危険物乙4 通信講座・予備校 比較ポイント③ 講義の内容・質

それでは、講義の内容と口コミの2つのポイントから予備校講座の質を見ていきます。

ここでは、代表的なコースを取り上げて講義時間やテキスト、サポート体制などを比較してみました。

スクロールできます
予備校名代表講座名税込価格講義時間オリジナル
テキスト
質問添削模試
スタディング
危険物取扱者乙種4類合格コース4,950円合計8時間××
フォーサイト危険物取扱者乙種4類通信講座10,800円合計8時間
△(WEBテキスト)
メールで3回まで無料×
ユーキャン危険物取扱者講座39,000円
1日3回まで全5回
たのまな危険物取扱者受験講座(乙種)15,400円オンラインで無制限全4回
TAC危険物取扱者乙種4類合格講座9,000~12,000円 5.5時間メールで10回まで
×

※講義時間数は21年月時点で公式HPに掲載のある時間です

まず、スタディングについてはWEBテキストのみであり、冊子版はありません。スキマ時間を活用できる副教材も充実しております。ただ、添削や質問のサポートは乏しく、コストを抑えた結果に思えます。

フォーサイトは、添削が無いのは残念ですが、バランスの良い構成に思います。フルカラーのオリジナルテキストと繰り返し観られる講義も評判です。

ユーキャンは、オリジナル教材を自分で進めていくスタイルの通信講座であり、映像による講義はありません。また、送付されるテキストは市販されているテキストとはまったくの別物です。総合的に手厚いサポート体制で初心者に優しい内容となっております。

たのまなは、決められたカリキュラムに沿って、オリジナル教材を自分で進めていくスタイルの通信講座なので、映像による講義はありません。その代わりに、単元ごとに採点や添削をしてもらえる仕組みが整っており、カリキュラム・添削ともに高評価を得ています。

TACは、1コマ30分×11回の約5.5時間で他に比べてやや短いですが、問題演習量は他を圧倒しております。暗記が得意な人には向いている内容となっております。

次に、実際の口コミを見ていきましょうか。

危険物乙4 通信講座・予備校 講義の良いところ・悪いところ

ここでは各予備校のよいところ、悪いところをまとめました。

受講生が少なかったり、開講間もない講座はまだ口コミがそこまでそろっていない点はご留意ください。

スクロールできます
予備校名口コミ
スタディング〇価格が安く、手を出しやすい
〇講義の選べる倍速が復習に最適
△安くて逆に不安
×サポートが不十分
×端末が無いと何もできない
フォーサイト〇やっぱりフルカラーは見やすい
〇管理体制が斬新、やる気になる
〇講義の質が良い
×テキストに誤植が多い
×ムダにカラー、統一感のない色分け
ユーキャン〇初心者に優しい、テキストがわかりやすい
〇質問に対して優しく丁寧な返答
×テキストが分厚く持ち歩けない
×演習量が少ない
×いくらなんでも高すぎる
たのまな〇シンプルでわかりやすいシステム
〇添削が丁寧で的確
×連続して4時間も確保できない
×修正の利かないカリキュラム
TAC〇1コマが短くて時間を確保しやすい
〇問題が多くて、解くのが好きな人に向いている
×実務には向いてない勉強のしかた
×他の講座との温度差がすごい
※これらは該当予備校のHPの合格者の声、実際の該当試験受験者友人等からの口コミ、クラウドソーシングを利用してのアンケート調査、SNS、ブログ上の口コミ、Yahoo!知恵袋などの情報から総合的にまとめています。

いかがでしたでしょうか?

口コミはどこの予備校も賛否両論はありますね。

スタディング
フォーサイト
ユーキャン
たのまな
TAC

危険物乙4 おすすめ通信講座・予備校 比較ポイント④ 実績

では実際各社の実績の比較を見ていきましょう。

スクロールできます
予備校名合格実績
スタディング非公開 (147名の合格者の声)
フォーサイト非公開
ユーキャン非公開
たのまな非公開 (2名の合格者の声)
TAC非公開
※オフィシャルHPの合格者の声参照

まず合格実績を何かしらの数値で公表している予備校は残念ながらありませんでした。なので合格者の声を基準に評価したいと思います。

スタディングは合格者の声をHP上で公表しており、全体で147名、その内、2021年度は53名の方が合格の喜びを語っていました。実績のある安心の通信講座と言えますね。

たのまなは、年度こそ違いますが、2名の声が寄せられていました。数は少ないとは言え、喜びの声が上がっているのは信頼度が上がりますね。

一方で、その他の3社は残念ながら合格者の声やレビューは見つかりませんでした。この3社については判断不可で★1つにしました。

しかし、フォーサイトはその他の資格講座で高い合格実績があり、乙4講座が新設されて間もないTACにおいても同様のことが言えます。そしてユーキャンにいたっては積み上げた長い歴史があるので、それらも考慮に入れるべきかもしれません。

スタディング
フォーサイト
ユーキャン
たのまな
TAC

危険物乙4 おすすめ通信講座・予備校比較 まとめ

今回は危険物乙4講座の通信講座・予備校で人気が高く、実績・コスパにおいてそれぞれ優れている5社を紹介しました。

スクロールできます
予備校名実績重視コスト重視解説講義社会人学生サポート重視
スタディング×
フォーサイト
ユーキャン××
たのまな×
TAC

以上をもって、資格スクール有名5社の特徴をまとめました。

意外にも各社それぞれ個性があることに驚きました。

その個性をつかんで自分に合ったスクールを選択することが重要かと思います。 資格は一生ものです。これを機にがんばってみてはいかがでしょうか?

\ 総合的に一番おすすめ/

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる