フォーサイトの危険物乙4講座の評判・口コミは?【2021年版最新】

悩んでる人

フォーサイトの危険物乙4講座の口コミは?実際の評判は?

ほとんどの有名予備校・通信講座においてサンプルの収集が難しく、合格実績や口コミが不明瞭である現状で、講座の良し悪しや自分への向き不向きを判断するには、各予備校・通信講座の提供する内容をよく知ることだと思います。

そこで、今回は業界でもトップクラスの知名度を誇るフォーサイトの危険物取扱者乙種4類通信講座について、講座の特徴・詳細やメリット・デメリットを紹介したいと思います。

この記事に向いている人
  • フォーサイトの危険物乙4講座の受講を検討している人
  • フォーサイトの危険物乙4講座の口コミが気になる

その他、危険物乙4の通信講座・予備校の5社比較についてはこちらで詳しく書いています。

この記事を書いた人

YAMAJI:独学で 「危険物取扱者乙4」 を目指し、一発合格。「危険物取扱者乙4」資格取得済み。

\ 危険物乙4業界最安値クラス/

目次

フォーサイトの危険物乙4講座について

結論、フォーサイトの危険物取扱者乙種4類通信講座はバランスの良い最新鋭な講座です。

他社よりも安い価格帯ながら、フルカラーの教材をはじめ、高品質の講義動画、メール質問などのサポートも充実し、ManaBunというスマホやPC、タブレットをフル活用して学習するシステムが備わった内容の講座です。

悩んでる人

フォーサイトのおすすめはどのプラン?

という人のために、まずはフォーサイトの危険物取扱者乙種4類通信講座のコースについて詳しく見ていきましょう。

フォーサイト 危険物乙4講座 

スクロールできます
講座名税込価格セール・キャンペーン等 内容・特徴過去問模試質問質問
スピード合格講座10,800円Amazonギフト券最大1,000円分プレゼント(合格後、アンケート等記入者対象)テキスト3冊
問題集3冊
ManaBun機能の利用

(メールで3回まで可)
×
※教材の送料が別途かかります。

費用、サービス、サポートともに他社と比べるとバランスが良いように思います。また、時期によって随時キャンペーンがあるようです。Amazonギフト券のプレゼントもうれしいですね。

ただ、教材の送料が別途でかかるので注意が必要です。(北海道は1,900円、沖縄は2,300円、その他は概ね730~900円です。)

過去問を分析した問題集と模試1回分が付属します

講座の種類についておわかりいただけたところで、メリット・デメリットに分けて見ていきましょう。

危険物取扱者乙種4類通信講座 メリット

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類通信講座が他の予備校と比べて特に優れている点は下記3つです。

  1. e-learningシステムが優秀
  2. 高い水準の講義動画
  3. 手ごろな価格

ではそれぞれ説明させてください。

メリット① e-learningシステムが優秀

 「忙しいあなたに最高のパートナー」というキャッチフレーズのフォーサイトオリジナル機能のManaBunはスマホなどの端末でインプット・アウトプット・学習サポートが受けられる機能です。

スマホ1つでいつでもどこでもデジタルテキストや講義動画を視聴でき、確認テストや過去問、一問一答を演習できるのはうれしいですね。

なかでも特徴的なのはスケジュール管理をしてくれる点で、生活スタイルを入力すると自動で学習可能時間を算出し、最適なスケジュールを作成してくれます。学習の進捗がわかるのは合格までの道筋がリアルに見え、手ごたえを感じられますね。

ManaBun機能一覧
・デジタルテキスト
・講義動画・音声
・問題演習
・用語集
・スケジュール管理
・質問

フォーサイトには添削がないという不足点はありますが、それでも基本的な対策講座が揃ってこの価格はお値打ちといえますね。

メリット② 高水準の講義動画

フォーサイトクォリティーの高い講義動画を提供しております。

具体的には、採用率1/40を突破したプロの講師に、厳しい研修を課し、動画専用に作られた講義を、専用のスタジオで、その出来を何度もチェックされて制作しています。

強いこだわりが感じられますね。

ちなみに講師は姥谷達徳さんで、サンプル講義を下に貼っておきます。

受験生

予備校あるあるの通学講義の撮影で板書が見にくい、講義聞きにくいという問題が生じないね。

メリット③ 手ごろな価格

 税込10,800円のフォーサイトは他社に比べ、トップクラスの価格の安さです。

業界最安値のスタディングよりは高いですが、オリジナルの冊子テキストが付属することを考えると、自分でテキストを揃えるよりもお得感があります。

危険物取扱者乙種4類通信講座は予備校によって価格に結構な変動があるので、この安さはありがたいですね。

それでいて、上記に挙げたメリットの他、フルカラーのテキストや問題集がある点も安心です。

スクロールできます
予備校名代表講座名税込価格講義時間数オリジナルテキスト添削質問模試
フォーサイト危険物取扱者 乙種4類通信講座10,800円合計8時間 メールで 3回まで無料
スタディング危険物取扱者乙種4類合格コース4,950円合計8時間
(WEBテキストのみ)
ユーキャン危険物取扱者講座39,000円全5回1日3回まで
たのまな危険物取扱者受験講座(乙種)15,400円全4回オンラインで無制限
TAC危険物取扱者乙種4類合格講座9,000~12,000円5.5時間メールで10回まで
      ※すべて税込価格で、キャンペーン等を含みません
※2021年11月現在の各社公式HP参照

危険物取扱者乙種4類通信講座 デメリット

 一方で、ここからはフォーサイトのデメリットを挙げたいと思います。

基本情報をもとに他社との比較、口コミ等を参考にまとめました。

デメリットはこの3点です。

  • 添削対策がない
  • 講座が乙種四類のみ
  • 導入・演習ともにやや薄いテキスト

順番に見ていきましょう。

デメリット① 添削対策がない

フォーサイトには危険物取扱者講座にかかわらず、社労士など他のどの講座においても添削がありません

フォーサイトスタディングユーキャンたのまなTAC
〇(全5回)〇(全4回)

添削は人件費がかかるので安価な講座を保つには仕方ないことのように感じます。

しかし、添削には、自分では気付かなかった弱点の発見であったり、根本的な思い違い、理解につながる考え方などを気付かされる貴重な客観的意見であることは間違いないのです。

また、添削に励まされたり、進捗の実感にもなりうるので、モチベーションの向上にもつながります。

YAMAJIさん

実際、合格者の私自身、添削は予備校に頼んでおらず、身近な保有者にアドバイスを求めた程度でした。

その些細な言葉に大いに勇気づけられたので、聞いてよかったなと思いました。

経験則として、独学は思っている以上に孤独で、共感や学習方針の修正は随所で必要に感じます。

そう考えると、添削はあればよりベターだと思います。ないとしてもフォーサイトの場合は学習相談ができるので、そちらでカバーするのがいいと思います。

デメリット② 講座が乙種4類のみ

フォーサイトには危険物取扱者乙種四類の講座しかありません

甲種を対応しているのはこの5社ではたのまなだけです。

フォーサイトスタディングユーキャンたのまなTAC
乙四のみ 乙四のみ乙種・丙種甲種・乙種 乙四のみ

ですので、甲種を考えている人や乙種の他の類を考えている人にはマイナス点です。

乙種においては、「法令」「基礎化学・物理」「性質・消化」と3科目があり、「法令」と「基礎化学・物理」は1~6類すべてで共通するため、どれかの類で合格すれば他の類を受ける際に免除されます。

したがって、その利点を活かし、ゆくゆくは全類を取得しようと考えている人やスキルアップのために他にも受けようと考えている人も少なくないため、乙種4類のみの取り扱いはやはりマイナス点となります。

デメリット③ 導入・演習ともにやや薄いテキスト

フォーサイトの危険物乙4講座の評判ではテキストに対する指摘の声がいくつか見られました。

講義時間については合計8時間ほどなので、やや少なく、ガッツリと講義で集中的に学んでいくというよりはテキスト中心に自分で勉強を進めていくスタイルにあっています。

テキストについては合計234ページなので、やや他の市販教材に比べれば少なめですが、文字の大きさやレイアウトなどを考えると一概に少ないとは言えません。

フォーサイトの実績や評判を考えると、テキストの内容量は十分で、むしろ無駄が省いてあって合理的だと感じました。

ただ、演習量に関しては出題形態がさまざまなため、量が多いに越したことはないです。不安であれば500問弱を収録する公論出版乙種4類 危険物取扱者試験 2021年版をお勧めします。

また、カラーに統一感がない、文字の誤植が多いというような声も見られるほか、無駄なカラーや逆に目に痛いといった主観の強い意見もありました。

れみ

新しくリリースされて間もない講座では 誤植が多いが多いという口コミは多くつきがちです。

いろいろな意見はありますが、参考までに頭に入れておくのも良いかもしれませんね。 

フォーサイトの危険物乙4講座の評判・口コミは? まとめ

お値段、サービスともにバランスの良いフォーサイトは、危険物乙種四類を勉強し始めるにはちょうどいい通信講座に思います。

通信講座は各社ともに個性があるので、自分に向いている予備校を見極めることが重要に思います。

そして、すべての通信講座に言えることですが、いかにサービスをフル活用できるかが合格へのポイントだと思います。

もう一度、メリット・デメリットをまとめておきます。

  1. e-learningシステムが優秀
  2. 高い水準の講義動画
  3. 手ごろな価格
  • 添削対策がない
  • 講座が乙種四類のみ
  • 導入・演習ともにやや薄いテキスト

「気軽に始めてみたい」そんな人にフォーサイトは向いているのではないでしょうか?

\危険物乙4業界最安値クラス/

危険物取扱者乙種4類試験関連記事

危険物取扱者乙4予備校・通信講座5社比較

フォーサイト危険物乙4講座

・スタディング危険物乙4講座

・ユーキャン危険物乙4講座

・たのまな危険物乙4講座

・TAC危険物乙4講座

クーポン・割引きお得情報

スタディング割引き・クーポン入手方法

フォーサイト割引き・クーポン・セール情報

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる