MENU
難関資格マニア
30代社会人の難関資格マニア。
東大→LBS MBA卒。
国家総合職(国家公務員試験)上位合格者。
現在、海外駐在と育児をしながら司法試験予備試験受験生。
過去に大手予備校、独学、浪人、オンライン予備校すべて経験あり。

TOEFL iBT・IELTS対策の塾・スクール・予備校10社比較【2022年最新版】

TOEFL、IELTS予備校・スクール・塾
悩んでる人

TOEFL iBT対策に特化した塾ってどこがおすすめ?

多くの海外MBAで必須要件となっているTOEFL iBT。日本人は苦手とする人がかなり多いはず。

そこで、今回はTOEFL iBT対策ができるおすすめの予備校や塾を紹介します。

この記事を書いてる人

社費留学でロンドンビジネススクールMBAを卒業しました。働きながら海外MBAを受験した経験よりTOEFLの塾を比較しました。

\低コストから始められる/

目次

TOEFL iBT・IELTS対策の塾・スクール・予備校7社比較

今回は下記の7社を対象に比較しました。

いずれのスクールもTOEFLの対策を中心とした英語学習の専門スクールになります。

また、MBA受験をはじめとした海外の大学院受験を考える場合は、TOEFL iBTやIELTS対策のみならずGMAT対策、CV・エッセイの添削ををはじめとした出願戦略、インタビュー戦略の対策が必要です。

海外MBA受験対策に特化した予備校・スクールは下記4校です。

  1. LIBERTY
  2. イフ外語学院
  3. アゴスジャパン
  4. 濱口塾

合わせて海外の大学院受験する場合に必要になる、GMAT、GRE、エッセイ対策、出願対策、面接(Interview)対策の対応についてもまとめました。

スクロールできます
MBA予備校名TOEFLIELTSGMATGREエッセイ対策出願対策Interview対策
LIBERTY× ×
AGOS
濱口塾
イフ外語学院× ×
アガルート××××
PROGRIT× × ××
ブラスト英語学院×××
English Innovation××××
PRESENCE×××××
バークレーハウス×××

海外MBAに特化した予備校の上記の4校についてはこちらで詳しくまとめています。

それぞれ見ていきましょう。

TOEFL・IELTS対策の塾・スクール イフ外語学院

  • 開校44周年を迎えた老舗予備校
  • ハーバード大学進学250名以上と大学院進学にも強い
  • TOEFL iBT対策は13コース、GMAT対策は3コースから講座を選択
  • 東京校のほか、オンラインでの受講可能。3か月間の補講もあるので安心
  • 受講生は無料でメンターズサークルに参加して留学準備や進路設定の相談もできる

イフ外語学院は確かな実績を裏付ける細分化された講座展開で、初心者から上級者まで自分に合った受講ができます。

また最低受講数が1講座からの受講が可能で、20,000円~と初めての方にも安心の料金設定であるのも◎

それぞれのレベルに合わせて講座を組み合わせて受講でき、またGMAT特化のコースもあるので大学院留学などの目的に合わせて合格を目指せるスクールです。
口コミでも高評価が目立ち、実力アップが保証されている印象を受けました。

受験生

口コミも高評価が目立っていて、実力アップしたという声多数。

\MBA進学1万名以上を達成/

TOEFL・IELTS対策の塾・スクール アガルート

  • 受講はオンラインのみの通信学習
  • 一人一人に最適化された学習計画を用意
  • 短期集中、効率化を重視したカリキュラム
  • 日本人講師と外国人講師がマンツーマンでコーチング
  • スコア付きWriting添削、外国人講師とのSpeakingセッション

予備試験の予備校として実績を飛躍的に伸ばしているオンライン予備校。

TOEFLやIELTSの予備校としてはまだ知名度は低いが、その他の難関資格で受講生の満足度が高く、また実績も高いので行き届いたサービス・対応が期待できそうです。

れみ

数多くの難関資格実績が高いアガルートなのでサポートに期待できそう。

公開されている講師数は英語に関しては2名と少ないですが、英語に精通した実力ある方々なので安心して受講できると思います。

仕事で使うための英語スキルを上げたい方には最適と思われます。

無料相談すると割引きなどの特典がもらえることがあるので、まずは無料受講相談してみるのがおすすめです。

\無料受講相談で特典をもらう/

TOEFL・IELTS対策の塾・スクール PROGRIT

PROGRIT
  • 短期集中型英語コーチングスクール
  • 一人一人の課題に合った最適な学習方法の提案
  • 専任コンサルタントによるマンツーマンの学習管理
  • SLA(第二言語習得論)を応用したカリキュラム構成
  • 東京/神奈川に7校、愛知/大阪に2校と校舎数が多い(オンライン受講も可)

日本人が最も苦手とする英会話力を中心にコーチングで確かな実力を身に着けさせるスクール。TOEFL iBT、IELTSの受験対策としてはライティング、リーディングよりも実際の会話スキルであるスピーキングとリスニングが苦手な人に特に向いている予備校です。

市販教材を使用した自主学習が基本となっており、前提となる基礎英語力と合格への高いモチベーションが必要です。

受講料がかなり高額なのがデメリットですが、価格に見合った実力をつけられると社会人受講生から人気です。

\短期集中の会話力コーチング/

TOEFL・IELTS対策の塾・スクール ブラスト英語学院

  • 1クラス1~8人の少人数制授業
  • TOEFLのコースではエッセイ添削無制限
  • 日本人講師が高得点取得のための学習法を教授
  • TOEFL iBT 2コース、IELTS 1コースの計3コースから選択
  • 全コースオンライン受講可能(通学は新宿校、渋谷校の2校)

ブラスト英語学院は2018年に設立された英語4技能試験専門スクールです。

通学とオンライン受講を選べ、受講料も高すぎることはないので、安心して学習が進められるスクールです。

高得点をとることに特化した授業内容なので無駄がなく、効率的に学習できる環境が整っています。
英作文は何度も書き直しを繰り返して上達していくので、TOEFLコースでのエッセイが添削し放題というのは高ポイントです。

れみ

迷いや不安を解消しながら通学で確実に力をつけたい方に最適。

学院長が講師も兼ねており個別相談もできるのです。

\GMAT対策もできる/

TOEFL・IELTS対策の塾・スクール  ENGLISH INNOVATIONS

  • 良心的な料金とオールイングリッシュの授業
  • 日米の受講生20,000人以上のスコアアップを実現
  • 新宿校、横浜校、大阪校の3校のほかオンライン受講あり
  • L.A.で英語教育を行うMentor Language Instituteの指導を受けたカリキュラム
  • 点数保証制度で達成を約束(期間内に達成できない場合まで達成まで受講無料)

ENGLISH INNOVATIONSは2014年開校した、アメリカ式メソッドによる効率的な英語学習です。

悩んでる人

ただし人気のため定員いっぱいで現在がオンラインのみ。

点数保証を掲げているだけあって、実績を見ると受講生が確実にスコアアップをしていることがわかりました。

高得点を取得し、目標である海外の大学院入学への第一関門を突破するためにも信頼できるスクールであるといえます。

GMAT、GRE対策のコースはないので、TOEFLiBT、IELTSのみ対策したい人に適していると思います。

\点数保証制度あり/

TOEFL・IELTS対策の塾・スクール PRESENCE

  • 受講生は19年間で26,000人以上
  • 一人一人に寄り添ったコーチング
  • クラスの仲間とモチベーションを共有
  • 全てのコースでオンライン受講が可能
  • 短期間で成果を出すための最良の学習方法を提案
  • 受講後も身についた学習習慣で英語力向上を目指せる

PRESENCEは日本で初めての英語・中国語コーチングスクールです。

“教わるのは英語ではなく学習法”という点を理解していれば、最も効率的・効果的に学習を進めていけるスクールではないかと思います。

IELTS、GMATに特化したコースはなく、TOEFL対策はありますがどちらかというとTOEICや英会話に重点を置いている予備校です。

料金も他のコーチングスクールより安いのでコーチングスクールに興味があるけど値段的に始められなかった人でも気軽に始めることができます。

しかしながら、かなり人気のスクールであるため、公式ホームページ上では現在クラスに空きはなく、オンラインの2コースのみ申し込み受付中です。

コーチングスクールは講師との相性に左右されがちなので、基礎英語力と意思の強い人にはぴったりのスクールだと思います。

\会話力重視のコーチング/

TOEFL・IELTS対策の塾・スクール  バークレーハウス

  • 受講生の95%以上がTOEFL目標スコア達成
  • プライベート/グループレッスン、オンライン受講が可能
  • IELTS9.0取得の講師が開発した「Mメソッド」による徹底指導
  • 高スコアを取得した日本人とネイティブの講師が、常に最新の出題傾向を研究
  • カウンセラーもスコアを取得しており、受講生の留学をサポート(満足度95%以上)

バークレーハウスは創業49年、圧倒的な実績を誇るIELTS対策No.1スクールです。

IELTSに関しては7校で最も信頼できるスクールではないかと思います。TOEFLの試験対策も、20年以上TOEFL専門に指導をしてきたネイティブ講師が担当するため、確実なスコアアップを実現できそうです。

系列会社が公式のテストセンターを運営しており、対策から本番の試験までスムーズに進めるのもバークレーハウスの強みだと思います。

GMAT、GREに特化した講座はないので、特にIELTSで必ず高スコアを取得したい人におすすめです。

\IELTS対策なら/

TOEFL・IELTS対策の塾・スクール予備校 比較ポイント① 価格

では早速各社の海外MBAのコースの値段を見ていきましょう。

スクロールできます
TOEFL予備校名税込価格その他特記事項キャンペーン
イフ外語学院80,000円~50,000円要入学金
(17,600円)
 ‐
アガルート363,000~495,000円 ‐受講生は通常価格から10%割引
PROGRIT577,500~102,200円要入会金
(55,000円)
分割払い可
(12回/24回/36回)
無料カウンセリング当日の申し込みで受講料2万円割引
学生の方受講料2万円割引
ブラスト英語学院165,000円~440,000円入会金無料
学院長指名の場合
追加料金
(55,000円)
 ‐
ENGLISH INNOVATIONS74,250円~1,122,000円成果保証
要入学金・教材費
契約期間に応じた長期割引あり
PRESENCE172,000円~202,000円通学クラス
2022年2/1現在
開講無し
(一部キャンセル待ち)
PRESENCE・我究館の生徒限定で割引あり
バークレーハウス331,111円~1,304,000円要入会金
(22,000円)
パッケージコース申し込みの方
最大25%割引当日入会特典、紹介割、家族割あり

PROGRITPRESENCEはどちらもコーチングスクールですが、価格に大きく差があるのがわかります。

ENGLISH INNOVATIONSには点数保証制度があり、期間を過ぎても成果が出るまで受講料がかからないのはうれしいポイントです。

イフ外語学院も料金が高くない上に、1講座(20,000円)から受講可能なのでコースと組み合わせて、自分に合ったベストな選択ができると思います。

では実際の中身について講師・質・実績の順番で見ていきたいと思います。

TOEFL・IELTS対策の塾・スクール予備校 比較ポイント② 講師

今回は各予備校の紹介などで表に出ている看板講師の数のみで比較します。

スクロールできます
TOEFL予備校名講師数代表講師特記事項
イフ外語学院非公開非公開メンターズサークルで直接相談できるメンターの方々が複数名掲載
アガルート約1名寺島よしき英語教授法を専門とする翻訳家。
ラジオ感覚で聴ける英単語解説講座
「重要英単語マスター1000」を受け持つ 
PROGRIT非公開Maho TESOL修士号を持つ言語学のエキスパート 
英語学習のモチベーション維持に注力
ブラスト英語学院約1名中野太郎学院長兼講師
米大学院にてMBA取得、英検1級、TOEIC L&R満点、日本人バイリンガル講師
試験におけるスコア向上、合格点取得を重視した授業を行う
受講生の授業内でのスキルアップに力を入れている
ENGLISH INNOVATIONS非公開非公開
PRESENCE約13名前哲郎メルボルン大学院TESOL修士課程卒
「教えるのではなく導く」を信念にコーチングのほか、カリキュラム改善や英会話Cafeも運営
バークレーハウス約8名正木伶弥IELTSプログラム総責任者
IDP公式IELTS教員研修修了(日本第1号)IELTS 9.0取得、TOEFLiBT 満点取得日本人が最も苦手とするスピーキング・ライティング特化のIELTS学習法「Mメソッド」開発
IELTS目標スコアに向けて試験対策、改善などを満点講師が徹底サポート
※オフィシャルHPの講師紹介参照
※敬称略

受講生の感想も合わせてご紹介します。

PROGRIT
「コンサルタントとの相性による。一度合わずに変えてもらい、その後はプログラム終了まで順調に進めることが出来た。」

アガルート
「通信講座なのに講師に質問ができるところがいい。ここでは講師に質問できる講座もあり、それが合格率の高さに繋がっていると思う。」

イフ外語学院
「授業時間外でも相談に乗ってくれるのが嬉しい。長い受講期間、きめ細やかなサポートがに助けられた。」

ブラスト英語学院
「生徒側の希望に応じて柔軟に対応してくれるところが、ブラスト英語学院の強みと思う。」

ENGLISH INNOVATIONS
「講師はもちろんスタッフの質が高く、スコアアップのためにどうしたら良いか、正しい勉強法や戦略を教えてもらえた。」

PRESENCE
「市販の教材の中から講師選りすぐりのものを教えてもらい、スコアアップのための最短距離を示してくれたので英語力もUPした。」

バークレーハウス
「プライベートレッスンは、いつも先生が違い地域もばらばらだった。慣れるまでとても苦労したが、どの先生にあたっても話せる度胸がついた。」

TOEFL・IELTS対策の塾・スクール予備校 比較ポイント③ 質

ここでは、具体的なコースを取り上げて、講義の内容のポイントから予備校講座の質を見ていきましょう。

TOEFL・IELTS対策スクールの内容

今回は各校の代表カリキュラムで比較しました。

スクロールできます
TOEFL予備校名代表講座名税込価格4技能対策ライティング添削サポート
期間
イフ外語学院TOEFL攻略27unit
フルパッケージ
(講義約105時間)
250,000円 〇
24回まで無料
6か月間視聴可能
アガルートTOEFL iBT・IELTSマンツーマンオンラインコーチング
(3か月コース)
495,000円 〇 〇3か月
PROGRITTOEFL iBT/IELTSコース
(3か月コース)
1,102,200円 〇 ×3か月以上の受講を推奨
ブラスト英語学院IELTS Academic
コース
(48回コース)
440,000円 〇 〇
無制限
最低3か月の受講が望ましい
ENGLISH INNOVATIONSTOEFLテスト
レギュラーコース
(48週間)
528,000円 〇 ×
(記載なし)
48週間
PRESENCETOEFL iBT TEST 105点コース
(週1回2時間×8回)
202,000円 〇 〇2か月間
バークレーハウスIELTS
OA1.0UPコース

680,000円 〇 〇
4回まで無料
レッスン20回
40時間

各校ともリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能をバランスよく伸ばせる講座が用意されています。

添削が無制限のブラスト英語学院や24回まで料金に含まれているイフ外語学院は、上達の難しいライティングを鍛えられるとても頼もしいスクールであるといえます。

TOEFL・IELTS対策スクールの口コミ・評判

 価格、講師、講座内容がわかってきたところで、実際に受講した生徒の感想も気になるかと思います。
受講生の口コミや各校の評判を一覧にまとめました。

スクロールできます
予備校名よい口コミ悪い口コミ
イフ外語学院・MBA留学を目指して通い、無事に目標の学校に合格
・面接の練習を何度もでき、しっかりサポートしてくれた
・GMAT専門のコースがあるから選んだが、授業も楽しく、特典もたくさんありサービスも手厚い
講師の情報が非公開なので、事前にどんな先生がどのくらいいるのかわかるといいと思う
アガルート・納得感を持って毎日学習を継続できた
・独学よりも遥かに効率的に学習でき、結果的に21点伸びた
・添削に偏りがある

PROGRIT・勉強をした実感は、これまで英語を勉強したなかで最高
・週一回の面談は学習のペースメーカーとして最適
・勉強時間の作り方、効率の良い勉強の仕方、点数の取り方、自分にないものを教えてもらった
・講師によってかなり左右されてしまう
・相性がよくないとモチベーションが下がる
料金が高い、自己研鑽に投資してもお金に余裕がある人向け
ブラスト英語学院効率のいい解き方のコツを教わり、回を重ねるごとに問題が解きやすくなっていくのを実感
・個別指導のおかげで自分の間違いやすい傾向が分かり、最終的にリーディングでは8.5を取ることができた
・予想問題集が本試験で実際に出題された
・仕事が休みの日曜日に、オンラインで受講したかったのにできなかった
ENGLISH INNOVATIONS・点数を取るための最高の勉強環境が整っている
・30日でTOEFL31点アップした・スコアが伸びる確信を得られ、毎日10時間以上の勉強も苦にならなかった
・同じような境遇、志の仲間と楽しく勉強ができ、いい刺激をもらって目標スコアを取得できた 
先生一人に対して生徒が多く、コミュニケーションが足りなくて個人的なアドバイスを受けられない
PRESENCE・コーチが真面目に、細やかに受講生のことを気にかけ、声をかけてくれた
真摯な態度と的確な指示で全幅の信頼を置けた
・毎回新たな気づきを与えてくれて、どのように改善していけばよいか自分で考えるくせがついた
・授業の日程が固定されていて参加できないときがある
宿題の量が多すぎる
・クラス分けが自己申告のため、600点コースに600点以上の人がいて格差が大きい
バークレーハウス・スピーキングのセクションが終わった後に、表現一つ一つを丁寧に解説してもらえたのがよかった
・ネイティブ講師の先生との授業で、自分自身の成長を感じられた
・リスニングスコアが安定していなかったが、1か月の受講で安定して7.0を超えるようになり、Readingとともに得点源になった
・受付の対応が冷たかった
・電話で問い合わせた際の感じが悪く、聞いたことに対応してもらえなかった
引用元 
みんなの英語広場 https://eigohiroba.jp
みん評 https://minhyo.jp
レスナビ英会話 https://lesnavi.com/
Rの口コミ https://xn--r-efu6f374l.xyz/wp/
Ingwish https://ingwish.jp/
Narutog https://ryoki-tenyao.com/
English Pro https://www.carissarose.com/

TOEFL・IELTS対策の塾・スクール予備校 比較ポイント④ 実績

最後に実際の合格実績を見てきましょう。

PROGRITを除く全校で、実績が確認できました。

スクロールできます
予備校名実績
イフ外語学院・TOEFL4科目対策パッケージの場合
未受験 → 60点達成
31点 → 61点達成
58点 → 72点達成

・TOEFL攻略27unitフルパッケージの場合
45点 → 95点達成
52点 → 92点達成
63点 → 102点達成

・GMAT総合演習パッケージの場合
受講1ヶ月で 600点 → 710点(110点上昇)
受講4ヶ月で 580点 → 740点(160点上昇)
受講6ヶ月で 380点  → 590点(210点上昇)
アガルート・IELTS  3か月で  6.0点 → 7.0点
・TOEFL iBT  2か月で 55点 → 76点
・TOEFL iBT  2か月で 21点
PROGRIT非公開
ブラスト英語学院IELTS Academicコースの場合
Tさん IELTSスコア7.5(リスニング8.5)取得
Hさん IELTSスコア7.0(リーディング8.5)取得
Yさん IELTSスコア7.5(リーディング9.0満点)
ENGLISH INNOVATIONSTOEFLテストコースの場合
Y.Nさん 受講前 36 → 40時間受講後 57 21点UP
R.Mさん 受講前 38 → 40時間受講後 69 31点UP
N.Sさん 受講前 45 → 2週間受講後  73 28点UP

IELTSテストコースの場合
A.Nさん 受講前 2.0 → 4週間受講後 5.5 3.5点UP
R.Fさん 受講前 4.0 → 9週間受講後 6.0 2.0点UP
H.Aさん 受講前 4.5 → 5日間受講後 6.0 1.5点UP
PRESENCE6か月受講で33点スコアアップ
4か月受講で20点スコアアップ
2か月半で24点スコアアップ
バークレーハウス受講前 IELTS OA6.5 → OA7.5(40レッスン受講)
受講前 IELTS OA5.5 → OA6.5 (40レッスン受講)
受講前 IELTS OA5.5 → OA6.5 (50レッスン受講)
受講前 TOEFL 45点 → 85点 (20週間受講)
受講前 TOEFL 57点 → 85点 (10週間受講)
受講前 TOEFL 80点 → 105点 (6週間受講)

多くの予備校で受講前と受講後で確実にスコアアップし実力が伸びているのがわかります。

特にイフ外語学院は人数は非公開であるものの、各コースごとに受講前から受講後の点数が明記されていました。詳細にスコア開示されていて、スクールの自信の表れが垣間見えます。

アガルートはスコアアップ人数とスコアは非公開ですが、スコアアップした受講生の実績が記載されていました。

PROGRITはホームページに「受講生の声」として点数がアップした、勉強習慣がついた、というコメントは見受けられましたが、具体的な点数と人数の記載はありませんでした。

ブラスト英語学院では取得人数は非公開ですが、目標を達成した受講生の実績と受講後の感想が学院長からのコメントとともに掲載されていました。

ENGLISH INNOVATIONSも人数は非公開ですが、TOEFLテストコース、IELTSテストコースどちらも受講生の実績が詳細に公開されていました。

PRESENCEについても人数は非公開。各コースの受講生のインタビューで、スコアアップの経緯と学習法が詳細に語られていました。

バークレーハウスも人数は非公開ですが、IELTS、TOEFL iBTともに受講生のインタビューでスコアの伸びとレッスンの感想が掲載されていました。

TOEFL・IELTS対策の塾・スクール予備校比較 まとめ

TOEFL iBT・IELTSの試験対策を行う予備校7校を比較しました。

各校ごとに重視している試験や英語力は異なり、受講期間や講座内容なども様々です。

その中でも、海外MBA受験や留学を考えている人にはイフ外語学院をおすすめしたいと思います。TOEFL iBTとIELTSの試験対策はもちろんのこと、GMATに特化した専門コースを置いている予備校はなかなかありません。

大学院留学ではなく、TOEFLとIELTS対策のみ考えている人は、他資格で圧倒的に実績があり受講生の評判がいいアガルートも魅力的です。

私自身は最後までスコアメイクに苦しんだので、英語が苦手ならきちんとした対策について予備校で一度相談してみることがおすすめです。

各校とも最初は無料で体験授業が受けられたりするので、ぜひ無料体験だけでもしてみてはいかがでしょうか?

受験生

いまならオンラインで無料体験授業が受けられる予備校多数!

\低コストから始められる/

海外大学院受験を考えている場合は、海外大学院受験特化した予備校比較はこちらで詳しく解説しています。

過酷すぎた私のMBA独学受験記はこちらです。

TOEFL、IELTS予備校・スクール・塾

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたらうれしいです!
  • URLをコピーしました!
目次